« 気になるイベント 『ガンダム展』 | トップページ | ワイパー ゴム交換 »

塗装工程(前編)

あー、どうも。

今月後半は日曜しか休みがなくて、各計画の実行にあせってきた Tak.Arai です。(いや、そんなことより、残業代が出るのか出ないのかがなんか瀬戸際で嫌な気分です)

まぁ、それはさておき、本題です。

リヤアンダースポイラーの件で、ちょっとその計画を進めたので報告です。

↑これが 前回報告した 「ガムテープ大作戦」 の結果。

ご覧のとおり、すべての塗装を剥がすことは出来ずに、部分的にガンコに塗装がこびりついちゃっている状態になりました。

paint1_sandpaper ← とりあえず紙ヤスリでその残っている塗装を剥がす作業をしないといけません。

この 100番 でヤスリがけしたら、結構簡単に塗装を取ることができました。

逆に、粗すぎてか、パーツが傷だらけになっちゃいましたね。

そのキズを慣らすのは結構根気がいるので、320番 で 気持ち的にかるくペーパー掛けしただけにしておきました。

paint1_bumperprimer← 「バンパープライマー」 です。

要は塗装の下地剤です。

これの効果がどれくらいのモノなのかは定かではありませんが、まぁ、適当に塗ってみました。

しかし、なにぶん “無色” なので、どれくらい塗ればよいのか。ってか、どれくらい厚く塗れたのか、もしくは、どれくらい薄塗りになっちゃったのか さっぱりわからないです・・・。

かなり適当。

↑ペーパーがけ&下地塗り した状態です。

ってか、思ったのですが、かなり中途半端にヤスリがけしてしまったのは失敗だったかも知れません・・・。

素人発想的には、表面が多少ザラザラしているほうが、塗装の ノリ が良くなるんじゃないかと思い込んでいて、あえてザラザラ状態にして塗ってみたのですが・・・、

その塗る前に、適当にペーパー時の水分とかを布でふき取るわけですが、その布の繊維が表面に付着してしまうのです・・・。

もちろん、拭けば拭くほどゴミが付着してしまうような状況になり、もう面倒くさいので、その多量にゴミが付着している上から、下地剤を噴射してしまいました・・・。

paint1_sonicblue ← スプレー塗料です。

「ソニックブルー」

メタリック系なので、何かと手間がかかります。この商品にも、「仕上げには“クリアー”が必要です」と書いてあります。「クリアー」とは、仕上げ剤ってことです。なんかコーティングして仕上がりを良くする、魔法のアイテムですか? いちおう、それもいっしょに買ってあります。

ちなみにこの塗料は、前回使ったときにも思ったのですが、実際のボディーの塗装色と比べると色が暗い気がします。

↑とりあえず1日目はここまでとします。

どんだけの厚さを塗れば良いのかが分かりませんが、いきなり厚塗りはNGってことは経験上分かっているので、薄塗り状態で止めておきます。

黒地ベースなので、まだまだ、黒に近い状態ですね。

あと数回、重ね塗りすることになると思います。

ちなみに、このスプレー塗装は、「気温10度以下の環境では塗装に適さない」 と明記されています・・・。

そもそもこれからどんどん寒くなるこの時期に、こんな作業をスタートさせちゃったこと自体が失敗ですかね・・・。

paint1_space_result ← あー、これを見てください。

作業場所の新聞紙を取ってみたら、周辺に塗料が付着しまくっている実が判明・・・。

                          ( ̄∇ ̄;)

|

« 気になるイベント 『ガンダム展』 | トップページ | ワイパー ゴム交換 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139596/42821731

この記事へのトラックバック一覧です: 塗装工程(前編):

« 気になるイベント 『ガンダム展』 | トップページ | ワイパー ゴム交換 »