« サイドステップが届いた | トップページ | 塗装工程(後編) »

オイル交換

油圧計をつけていると、エンジンオイルの劣化具合が数値的に把握できて便利です。

ここ最近も、アイドリング時の油圧が 「1.0kgf」 を下回るようになってきました。

今日は天気も良い ってことで、年末のオイル交換を実施しました。(ちなみに、前回の交換は車検時なので、今年の5月末くらい)

trust_f3_4_1 ← TRUST F3 (10W-40 SL)

自分でオイル交換する場合は、必ずコレを使っています。

とは言っても、品質的な内容を気に入っているワケではなく、チョイスのポイントは 『1リットル缶』 です。

当然ですが、オイルフィルターも交換すると、4リットル缶では足りないので1リットル缶も同時購入することになります。

ほとんどの銘柄の1リットル缶は、『缶詰式』 というか、とりあえずあけちゃったら最後で、とりあえず中身を全部出さないといけません。

しかし、この銘柄の1リットル缶は、キャップ式 なのです。

だから、ちょっと使って残ったオイルはとっておく、といった運用が可能です。(まぁ、一度開封したヤツを、いつまでも寝かせておくってのも良くないのですが)

交換後も、「ちょっと足したい」 とか、そういうニーズに対応しやすいので、キャップ式1リットル缶という点が私的には高評価です。

ちなみにこの『F3』というのは、部分化学合成油です。『100%化学合成油』 は、高くて買えないのです・・・。

impreza_maintenance_scene

あー、作業の光景がこんな感じです。

このクルマは、フロントアンダーカバーが装着されているため、オイル交換する場合はいちいちそれをはずさないといけないのです。(写真の左にある、黒いヤツ)

面倒くさいですが、まぁ、何かとコレも役に立ってるのでしょうがないです。

尚、オイル交換作業のために、ドレンボルト付近はアンダーカバーにも作業用の穴があいているのですが、さすがにその穴から手を突っ込んで作業するのは逆に面倒くさそうだし、何より失敗しそうな予感もするので試したことありません。カバーを外しちゃった方が一見面倒くさいですが、結果的にラクだと思います。ってか、カバー外さずに作業しちゃう人がいるとも思えない・・・。

makuragi_daisakusen ← どーですかお客さん。

私の 『枕木大作戦』 です。

特許出願中(ウソ)

ジャッキアップ作業のときは、だいたいこうしています。

一見、なんかラクそうで便利そうに見えるかも知れないですが、まったくもってそーでもない感じです・・・。

ってか、この木にタイヤを乗せるために、通常のジャッキでほぼ一番上まで持ち上げないとイケナイのです・・・。

無駄に疲れます・・・。

oil_filter_subaru_new ← オイルフィルターです。

スバル純正品。

いつかのスバルスポーツミーティングの会場で買った気がします。

oil_tools ← フィルターレンチです。

径固定式です。でも、このタイプはあんまりお勧めできません。

というのも、ディーラーでオイル交換してもらったとき、たま~に、外径サイズの違うフィルターが使用されていることがあるからです。

それに気づかずにオイル交換作業をスタートさせ、オイルをドレンから抜き始めてから、フィルターを外そうとしたときには、超あたふたすることになります。

なにせ、レンチサイズが合わずにフィルターを外すことができないのですから・・・。

オイルも抜いちゃった後なので、ちょっとクルマを走らせてホームセンターに駆け込むなんてことも出来ません。

なので、フィルターレンチは汎用の、径が可変のタイプのヤツの方が良いですね。

oil_trash

↑あー、超、ゴミが出ます・・・。

それも、どう処分したらイイか、判断しがたいタチの悪いゴミがいろいろ。

整理すると、こうです。↓

oil_trash_set

まぁ、廃油自体は燃えるゴミで良さそうですね。

オイル缶も単なるスチール缶としてゴミに出せそう。

で、一番問題なのは、『オイルフィルター』 ですね・・・。

なんともタチが悪い・・・。これは一体どうやって捨てるんでしょうか・・・。

いつも適当に、燃えるゴミに混ぜちゃってる気がするけど・・・。

ま、まぁ、前にも書きましたが、横浜市では “ドライヤーが燃えるゴミ” ですからね。

それに比べれば、フィルターなんて燃えるゴミとして扱って問題ないでしょう。

うん! きっとそうです。燃えるゴミです。

いつものとおり、適当に混ぜて捨てちゃいます。

oil_old_check

↑ 交換前の汚れチェックです。

写真では判りませんが、実際には結構ゴミというか、カスみたいなのが出てました。

↓ で、交換後です。

oil_new_check

一見汚いような気がしますが、これはオイル自体の色が全然違うのです。

このオイルは、何故か青系です。悪く言えばちょっとドブっぽい色なので、その点はあまり好きではないですが、自分で交換したオイルなのか、ディーラー交換だったかを明確に判断できるので便利っちゃ便利です。

oil_omorashi ← 最後にこれをご覧下さい。

おもらししちゃいました・・・。

この写真は、新聞紙で一生懸命吸い取った後ですが、最初はかなりひどい状態でしたよ。 『FD vs ランエボ』 みたいなことになってました。

いやいや、こんなことは初めてです。

これはフィルターを外すときにミステイクです。

ってか、このクルマはフィルター交換が、若干ディフィカルトなのです・・・。

oil_filter_oil_drop この写真のとおり、フィルターが超下向き。

こうなっていると、棒で突っつきながら回して、下に落下させるしかありません。

いつもそうしているのですが、今回は何故か外れる瞬間に変にチカラが入ってしまったらしく、下の受け皿に落ちずに、脇に飛んでしまったのです・・・。

で、フィルター内のオイルがドバーってことになっちゃいました・・・。

あー、早く雨降ってくんないですかね・・・。

|

« サイドステップが届いた | トップページ | 塗装工程(後編) »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139596/42821746

この記事へのトラックバック一覧です: オイル交換:

« サイドステップが届いた | トップページ | 塗装工程(後編) »