« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

【GT4オンライン】パッチリリースのお知らせ

Tak.Arai さん、こんにちは。

『グランツーリスモ 4 オンライン実験バージョン』テストプレイへのご協力ありがとうございます。

6月27日に『グランツーリスモ 4 オンライン実験バージョン』においてパッチのリリースを予定しております。

■パッチとは
ゲーム内容の向上や修正を目的としたデータです。
パッチリリース後は、最新のパッチをダウンロードしないとプレイができなくなります。

■ダウンロードに必要な容量
『グランツーリスモ 4 オンライン実験バージョン』の「ゲームデータ」の入った「プレイステーション 2」専用メモリーカード(8MB)に2300KB程度の空き容量が必要となります。

詳しくはこちらをご参照ください。

・『GT4オンライン』パッチリリースについてのお知らせ
http://www.gran-turismo.com/jp/news/detail.do?article_id=200

・パッチダウンロードとは?
http://www.gran-turismo.com/jp/support/detail.do?article_id=201

■注意事項
現在お使いの「プレイステーション 2」専用メモリーカード(8MB)では空き容量が足りない場合、また別の「プレイステーション 2」専用メモリーカード(8MB)をお使いになる場合は、必ずこちらをご参照ください。

・パッチダウンロードのための空き容量が足りない。
http://www.gran-turismo.com/jp/support/detail.do?article_id=202

『グランツーリスモ 4 オンライン実験バージョン』テストプレイへのご協力を引き続きよろしくお願いいたします。

あーっと。

プレステのゲームにパッチなんてもんがあるとは思いませんでした。

しかもパッチをあてないとゲームが出来ないとは・・・、脅迫とも取れる通達内容。

ってか、ぶっちゃけGT4オンライン。あんまりやってないっす(^^;

ってか、オンラインゲームとかチャットとかって初めてなんですが、こうなると、なんか“ゲーム”って感じがしないです。

どっちかっていうと、ゲームというより “人とのコミュニケーション” ?

正直かったるいです。なんか気ィ使うし。

しかも顔も名前もわからない人と、テキストオンリーでリアルタイムで会話するってのが、どーにも気持ち悪いです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ブレーキ交換デキナイ

いや、予想外に早いタイミングでブレーキパーツ一式(ローター+パッド)が到着してしまったのです。

到着したのは一週間前くらい。

納期予定は、最終のが7月のはずだったんですが。

まぁ、とにかく、今日は雨も降りそうになく、また「DEATH NOTE」の舞台挨拶チケゲットに失敗して時間があるので(^^;、パーツ交換をしようと思いました。

が、しかし・・・。

車高調のときと同様。

早速の壁にぶち当たりました。

キャリパーとハブを接続しているボルト(17mm)が、固くてまわせないのです。。

これです。↓

Brake_cariper_bolt

ローターの裏側にあるやつで、赤丸のしるしをつけたやつと、その下部に同様に1つ。

計2つのボルトが固いのです。

まぁ、例によってチカラいっぱいまわせば外れると思うんですが、なんかジャッキアップしているクルマが動きそうだし、そもそも位置的になんか作業しづらいし。。

ローター交換というのはいままで経験が無かったのですが、これも難易度高いですね・・・。ってか、“固い”っていう、ただそれだけなんですが・・・。

とりあえず、もうちょっと楽にパワーをかけられるように、長めのまともなメガネレンチを別途買って、再挑戦したいと思います。

ちなみに現状は、よくある安物のメガネレンチセット(6本~7本くらい束になっているやつ)しかもっていないのです。

車高調交換の挫折も、その工具不備にも要因があるので、とりあえず今回はもっとトルクをかけれらるアイテムをゲットしてからにします。

ってことで、今回はパーツ紹介だけしときますか。

Promu_pad_case

▲パッドです。フロント+リヤ。「TYPE NS」

Promu_roterrear

▲ローター(リヤ) SCR Pure Plus 6

とりあえず、スリット入りにしました。

Promu_roterfront

▲フロント

ってか、何故かローター表面が黒いんですよね。

リンク: プロジェクト・ミューホームページ.

| | コメント (2) | トラックバック (1)

フロアマットを買った

忘れてましたが、通販でクルマのフロアマットを買ったのです。

なぜなら・・・、

これまで使っていた純正フロアーマットが、こんなことになっているからです。

Oldmat_driver_hole Oldmat_driver_hole_up

こ・・・、これはどうなんでしょう。(汗

ありえますか? ありえませんか?

とにかく、だいぶ前から穴が開いちゃってたのです。

で、また純正品を買うのもなんなんで。

通販で受注生産の社外品を買うことにしました。

純正同一形状らしいです。

で、購入したヤツが届きました。

Newmat_kuroneko Newmat_kuroneko_denpyo

んん? 発送元が 「ディーアイシー」 ?

まぁ、それはいいか。

↓中身。

Newmat_open

そう、チェックの~!

あ、いや。

ちょっと血迷って若干ハデなやつにしてしまいました。

ホントは緑にしたかったのですが、そのラインナップが無かったのです。

別の、上級ブランドみたいなヤツだと緑チェックのがあったんですが・・・、

高いのでコレにしました。

色は写真の通り赤です。

「赤ってどーなの」ってカンジですか。

▼とりあえず交換してみた。

Newmat_incar_front_left

あー、いやいやいやいや(汗

フツーにアタマ悪そうです。

Newmat_incar_front_right

ま、まぁ、わかってはいたんですが、シートがブルーなのでそれとのマッチングがよくないですね。

あからさまに色合いがぶつかってる感じで、

うっとおしいです。(^^;

Newmat_incar_rear_left

ってか・・・、

もう飽きた(爆

数年でまた交換しそうですね。。

▼さよなら純正マットくん

Oldmat_all

More Info.!! ===>: ZERO スーパーフロアーマット シリーズ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車高調交換した

あー、購入先の「平野タイヤ」に持ち込んで、車高調の交換をしてもらいました。

Hirano_tire_tenpo1

ってか、交換+アライメント調整 で、3時間コースでした。

思ったよりかかってましたね。

自分は待ってるだけですが、ケツが痛かったです。

店内のテレビで、ゴウケン君事件とか、村上インサイダーとかのニュースを繰り返し見ることになってしまい、かなり飽きました。

挙句の果てに、家に帰ってから観た “TVのチカラSP” まで、今日はほぼ“ゴウケン君事件”に置き換わってしまい、あの母親の顔を何度も見させられ、ホントに飽きました。

ってか疲れた。

今日は、赤城神社の超能力捜査を楽しみにしてたのに。

ま、それはさておき、とにかく車高調を新品に交換しました。

感想ですが、

『おおおおおーッ! スッゲェ~~~っ!!』

って感じです。

いやいやいや、忘れてましたが、

新品の足回りというのはこんな感じだったのですね。

今までとぜんぜん違う!!

かなり引き締まった感じで、新車の試乗をした時の感覚に近いです。

とにかく しっかりしてる って感じです。

いやはや、やっぱり私の “足がヘタってきた気がする” という感覚は正しかったようです。

ここまで変身するとは思いませんでした。

バネレートは半分になったはずなのに、新品車高調 おそるべしです。

さらにですが、

異音がほとんどなくなりました!

ま、まぁ、それはまだ新品だからで、1週間とか1ヶ月とか経ったらどうなるかわかりませんけど。。。

少なくともこれまで装着していたヤツは、新品のときから異音はひどく、メーカーに問い合わせても 『そういうモンです』 といわれるだけだったのですが、

今回の、ストリート仕様のチョイスはアタリな気がします。

10万円の安々車高調ですが、交換してよかったです。

あとは、耐久性がどうか ってところですね。

一応、旧車高調はもって帰ってきたんで、3年後くらいにはそっちにまた戻そうかとも考えています。オーバーホールできるんであれば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーボード買った

あー、どうも。

まさかUSBキーボードをつなげてチャットするハメになるとは、PSX購入時には予想もしなかった Tak.Arai です。

いやいやいや、

これです。↓

Usb_keyboard_hori_case

近所のヤマダ電機で唯一売れ残ってたホコリかぶってたヤツを、買ってしまいました。

ホリ?

Usb_keyboard_hori_

ってか、ワイヤレスです。

なにゆえにワイヤレスなのかというと、

まぁ、“PSXだから” ですね。

ゲーム機本体をおいてある場所と、自分のプレイポジション(?)とが離れているのです。

なので、フツーの有線キーボードだと届かないし、延長とかしても、とりあえずコードがジャマくさいのも嫌なので、ワイヤレスにしてみました。

ってか、PSX自体のメニュー操作も、キーボードで動きました。

録画のタイトル編集とかもラクになりそうです。

リンク: HORI - ワイヤレスキーボード.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GT4オンライン開始

あー、どうも。

最近はこの@niftyのブログシステム(ココログ)の品質が酷いので、いちおうクレームのメールも入れてみてる Tak.Arai です。

ってか、どんどんデグレってる!?

レベルダウンが加速してる感じっす(^^;

3月までの状態と比べると、レスポンスは若干改善しただけで、全体的に動きオカシイ。

特に、“書き込みが消える” 現象が多発!!

正確に言うと、“一世代戻る” っていう動き。。

かなりやってらんないです。この記事書くのにも、5~6発その症状出てます。

あー、まぁ、ニフティがむかつくって話はソレくらいにして、本題です。

はい、GT4オンラインのサービスがスタートしたみたいなので、ちょっとやってみました。

Gt4_online_title

▲タイトル画面が通常のGT4とそっくりですが、中央に 『オンライン実験バージョン』 の表記があるのと、先頭のメニューに 『オンライン』 があります。

てっきり、これまでの 『GTモード』 がオンライン化(?)されるのかと思ったのですが、そうではなく、『オンラインモード』 という新たなモードが追加された状態です。

Gt4_online_menu

▲オンラインモードでのメインメニュー画面です。

結構シンプルです。

あまりごちゃごちゃしたことは何もできません。

クルマも、乗換えとセッティングしかできなくて、チューニングは 『GTモード』 に移行してやらないとイケナイです。

あ、

ガレージのクルマですが、これは 『オンライン』と『GTモード』で共通のようです。

ちなみに、これまでの通常版『GT4』の内容は一切引き継げないです。

通常版GT4 と GT4オンライン とのデータ間で、クルマの売買もできません。

ガレージの中身ですが、最初から全車種(711台?)入ってました。

GTモードでのお金も、最初から1100万(いや1億だったか?) はいってました。

まぁ、確かに 「実験版」 ってことですね。

あー、“オンライン” で何が出来るのかですが、まぁ対戦レースですね。

ただし、チャット と レースが 表裏一体状態になっている気がします。

なので、USBキーボードが事実上必要です。

自分は持ってないので、楽しくないです(爆

ってことで、コレやってる人は、だいたい皆、キーボード買っちゃうと思います。

尚、チャットルームやレースを開設する場合、パスワードをかけることが出来ます。

つまり、知り合い同士で ネットレース を行うことができるってことです。

“チームミーティング” ・ “ドラテク道場” とか可能ってことですか。

イケテル気がします。

Gt4_online_title

▲自分のプロフィール画面

ここに、なんだかイヤな情報が掲載されています。

赤でしるしをつけた、「(1/9)」という部分。

これはつまり、「9戦1勝」って意味です。。

ってか、ついさっきまで「全敗」だった。(汗

文字通りのヘタレプレーヤですね。。

Gt4_online_title

▲タイムアタックもやってみた。

トップが1分52秒台なのに、自分はさらに10秒も遅いです。。

ま、まぁ、世の中そんなモンです(泣

ちなみにですが、接続環境によっては、オンラインに接続はできるけどレースに参加できない っていう症状が出る人がいるみたいです。

ってか、自分がそれでした。

まぁ、ダウンロードしたマニュアルにはヒントが書いてあったので、それで対応できました。

要は、ルータを使用している人は、ポートフォワードしてやる必要があるってヤツです。

なので、こうしました。↓

Gt4_online_ip_setting

Gt4_router_setting

レースのリアルタイム情報は、UDPで送られてくるみたいなので、そのポートをPS2(自分はPSXだけど)にフォワードしてあげました。

ただ、IPアドレスもMACアドレスも良くわからないので、ゲーム設定上でIPを固定しました。

ちなみに、ルータを使用している人でも、設定変更無しでフツーにゲームできてる人も居るみたいです。

その辺はよくわかりませんが。

リンク: グランツーリスモ・ドットコム.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車高調交換デキナイ

あー、どうも。

今日は社員旅行をサボッています、Tak.Arai です。

Tein20060602

あー、これが来てしまったので、早速取り付けしようと意気込んでみました。

が、しかし・・・。

やる気全開で挑みましたが、結果から言うとちょっと無理でした。(泣

ってことで、早くも諦めです。

↓コレがネックですね。

Tein20060602

サスペンションとハブとの接合ボルト 19mm ですが、これがにっちもさっちもどーにも動かない!

いや、物理的にはそりゃ強力なチカラを掛ければ回るんでしょうが、そんなフルパワー状態でいきなりクリっとかって回り出したりすると、その反動かなんかで他の場所に工具をぶつけたり でもってなんか壊しちゃったりとか、ジャッキアップしたクルマが動いちゃって大惨事とか、もしくは回ったと思ったら気のせいでナットをなめちゃったりとか、どーもそういうネガティブなイメージがわいちゃって、チカラを充分に掛けられないのです。

イヤ、この歳ですから、クルマは大丈夫だったけどコッチの腰がいっちゃうよとか。。

とにかく、固く締まった大型ボルトというのは、素人DIYから言うとこの上ない強敵です。

まったく勝てる気がしない。。

まぁ、今日と同じ思いを5年前くらいにしているはずなんですが・・・、ってか、そのとき確か、「二度とサスペンション交換はしない」と誓ったはずなんですが、長い月日のせいでその思いが薄れていたようです。

あー、やっぱり当時の判断は正しかったですね。

こりゃ素人がやるもんじゃないです。

思い出したんですが、仮にそれが外れたとしても、今度は装着の際にも強力なチカラが必要だった気がします。

ロワアームをうまいこと持ち上げて、ボルトをはめ込むのに無理があったて、とにかくとても苦労した想い出があります。

ってことで、今回は早々に諦めたワケです。

(いや、早々にって言っても、3時間くらいは格闘しちゃいましたが・・・)

3時間の成果が ゼロ です。

ってか、前回の経験から、あえて難易度の高いリヤから開始したのですが、結果交換した車高調本数は0本。

イキナリ外せずに先に進めませんでした。

やったのは、リヤリートと、リヤシートベルトのロールユニットを外したところまでですね。。

Gc8_rear_sheetless

はい、ここまでです。

3時間の成果が、シートを外してそこで終わっちゃいました。

あー、ってことで、買ったところで取り付けてもらうことになりました。(恥

いやいや、“出戻り” ですか。。

こっぱずかしいです。

ちなみに、車高調交換工賃は \21,000- です。

確かに、それだけの労働ではある気がしますね。。

ついでにアライメント調整もやってもらうことにしました。

それは \10,500- 。

計 \31,500- のお支払い。

ヤフオクでパーツを売っておいて良かったです。

あー、そういえば、今後もローターとかパッドとか送られて来るんですよね。。

それらも、“出戻りのジェリド中尉” と化すんでしょうかね・・・。

いや、こっぱずかしい(><)

そっちは、なんとかガンバリますです。。

↓ちなみにオマケ。

Tein_sticker

添付されてきたステッカーです。

ってか、なんでしょうかね、その微妙なキャラクター君は・・・

Tein_bousei_spray

↑こりゃまた気の利いたオマケですね。

防錆スプレーですか。

ってか・・・、

逆に言うと、サビやすいってことか!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんか来てる

ウチに帰ったら玄関にジャマくさいダンボールがありました。

暗くてよくわからなかったのですが、

電気をつけてみたらコレでした。↓

Tein20060602

あーっと。

こりゃ私のお荷物ですね。

明らかに「TEIN」って書いてあります。

こりゃ先日発注した車高調ですね。

ってか、意外と箱デカイな。(クスコ車高調のときは、こんなんじゃなかった気がするけど)

ってか、来るの早ッ!

ってか、在庫があるヤツから順次送られてくるんですか。

てっきり、一式そろってから来るものだと思い込んでいたのですが。。

この調子だと、ブレーキローターとかブレーキパッドもバラバラとやってきそうですね。。

ローターとか 前後バラバラのタイミングでやってきそうだ。(先日のメールでは、納期がずれそうなこと書いてあったから)

ってか、前後バラバラなのはいいですが、ローターとパッドは同時で無いとイヤですよね。。

どう考えても同時に交換したほうがいいし。

ま・・・、それは来てから悩むことにしましょうか。

ってことで、明日は早速車高調交換か!?

って、

一瞬意気込んでみたんですが、どうやら天気が不安定らしいです。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »