« MOVIX Club ポイントカード紛失 | トップページ | 結局ほとんどガウォークで。 »

インプレッサインプレッション (1.5i-L)

あー、ワケあって1週間 代車 に乗ってました。

グレードとかはよく判りませんが、一番新しい型式のインプレッサです。

エンジンが1500ccのAT(シフトセレクト付きのスポーツAT?)

で、まだ160kmくらいしか走っていないヤツだったので超新車状態。

えー、タイトルの通り印象等を書きたいんですが、ぶっちゃけこのクルマの良いところは1つも無い感じでした・・・。なので、適当に気になったところを列挙しておきます。(文句だけ書いときます・・・)

Img_0532_2

●いきなり燃費が悪い。

最近のクルマはだいたい燃費表示がありますが、自分が借りた当初で「6.5km/L」くらいでした。

なんだそりゃ・・・

1500ccでこの手のクルマだったら、たいがい「エコカー」でしょう。特に今の時代は。

自分が大昔に乗っていた、昭和のAE92の方がまだ燃費いいんじゃねーかと思っちゃいました。

●水温計が無い

タコメータが無いパターンは昔は良くありましたが、タコメータや燃費計・気温計(室温計?)はあるけど水温計が無いパターンってあるんですね、最近は。

●ミラー自動折りたたみのボタンが見えない

これは夜です。

そのボタン周辺が暗くて、毎回手探り。

(ステアリングの右下のほう)

●ドアミラーがでかい分、死角が増えている

このクルマに乗ってすぐ感じたのが、「どーも左に曲がりにくい」って点。

なんか左折しづらいなぁ、なんか左側が確認しづらいなぁ~ってなんとなく思ってたんですが、ふと「ミラーがじゃまになってる」ってことに気が付きました。

あきらかに大きくて、なんとも安全性や運転しやすさの向上を狙ってるカンジですが、当然のことながらちょっと大きいだけでだいぶ死角が増えることになってると思います。

ちょっと危ない気がします。

●シートベルトを外した時のアラーム

走行中にシートベルトを外すとピーピーなります。

いや正確に言うと「鳴る場合があります」。

鳴らないときもあり、どーもその条件分岐がどうなってるのかがナゾです。

徐行中だと鳴らないってワケでもない。

駐車しようとして、いったん停止する直前くらいに外しても鳴り出したこともあります。

まぁ、それだけでも相当なイマイチ感がですが、それ以上に許せないのが 「鳴り出したら止まらない」 という点。

これはヒドイです。

いったん停止(速度0)しても、「P」に入れてサイドを引いた状態にしてもピーピーなりっぱなしです。

おそらくシートベルトをしなおすかエンジンを切らないと止まらない、文字通り、“もうどうにも止まらない” 仕様みたいです。

これも安全性を考えたつもりでしょうが、ドライバー側は走行中にパニックです。

---

以上、とりあえず気になったことだけ並べてみました。

ちなみにこのクルマを返して自分のクルマに再び乗ったとき、思った以上人自分のが ガッチガチ なので驚きました。

こんな硬いんだっけ?

こりゃ腰にくるワケだ、と、ひとりで勝手に納得です。。

リンク: SUBARU : 車種紹介 > インプレッサ.

|

« MOVIX Club ポイントカード紛失 | トップページ | 結局ほとんどガウォークで。 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139596/42822768

この記事へのトラックバック一覧です: インプレッサインプレッション (1.5i-L):

« MOVIX Club ポイントカード紛失 | トップページ | 結局ほとんどガウォークで。 »