« クアッド大惨事 | トップページ | MonsterX-i »

クアッド大作戦

Core2quad_package あー、どうも。

使えないCPUを買ってしまい、途方にくれている Tak.Arai です。

いやこれは、いったいどうしたものかと悩みましたが、結局こういう方向に話が展開していきました。

Intel_dp43tf_package

『新しいマザ~ボ~ドぉ~!』(ドラえもん読み)

あー、いや。結局会社の帰りに、弊店間際のヨドバシで適当に買って帰りました。

いやいや、ろくに商品調査もせずに、店頭のみでマザーボードを適当に選んで買ってしまうなんて、さすがに初の試みです。

完全にあてずっぽう? これが吉と出るかどう出るのか、まぁ、イマドキ売ってるものだったら、だいたい目つぶって買っても、だいたいダイジョウブなんじゃないかって気もしますが。

Intel DP43TF ってヤツです。

現行がインテルで、またインテルを買ってしまうのもどうなの って感じですが、今回はシステムドライブを再インストールするような気力はなく Cドライブをそのまま移行するつもりなので、出来るだけ現状使ってるヤツと近いモノの方がいいかなと思い、再びインテルデスクトップボードをチョイスしてしまいました。

時間も無かったので、ATX規格(PCIスロットが3つある)で Core2 Quad (FSB1066MHz) が乗りそうなやつを選びました。値段は 12000円 くらいです。

ちなみに現状は 『メディアシリーズ』 っていう区分のボードを使用しているのですが、今回は 『クラシックシリーズ』 っていう区分にしてみました。正直そのコンセプトの違いはまったく見出せないのですが。

Intel_d945gnt

↑いままで使っていた Intel D945GNT、Pentium D (3.40GHz)、メモリ4枚3GB(DDR2-533MHz) です。例によって、これでまた “それなり” のマシンが作れそうな勢いですが。

ちなみに、メモリは今回の新しいボードには DDR2-533 は使えないので、DDR2-800 を 2GB×2枚を 新調しました。なので、上記写真のとおり マザー+CPU+メモリ が浮くという状況になりました。

Intel_dp43tf_biosdisp

↑新しいマザーのBIOS画面。

Quad_systemprop Quad_taskmanager

↑タスクマネージャとかはこんな感じ。

メモリはトータル4GBのつもりで、BIOS画面ではそのように認識しているのですが、何故かOS上だと「3GB」止まりになってますね。そういうモンなんでしょうか。公開仕様的には 32bit Windows は 「最大4GB」 ってことになってる気がするので、この表示になるのはなんだか納得行きませんが。

ってか、以前は物理メモリ3GB積んでて、OS上の表記も「3.00GB」になってた気がするのですが、今回4GBを搭載した結果 表記が「2.99GB」になっているという、“増やしたら減った” というワケのワカラナイことになってる点がどうも許せません。

あー、で、今回買ったときは何にも気にしていなかったのですが、実際にくみ上げてみると、“いろんなモノがなくなっている” という発見がいろいろありました。これも時代の流れなんでしょうか。

わかりやすいのが、以下のような背面パネル。

▼旧マザー (Intel D945GNT)

Intel_d945gnt_behind

▼新マザー (Intel DP43TF)

Intel_dp43tf_behind

あー、どうですか この一目瞭然のスッキリ感。

昔ながらのD-SUB形状のコネクタがまったく無くなりました。

まぁ、グラフィックについてはあえてオンボード無しのものを選んだのですが、パラレルポートとRS-232Cインタフェースが背面からなくなってしまうとは予想もしませんでした。まぁ、これまでも何もつないでいなかったので、廃止はごく自然なことなのかも。

さらに 「FD」 の接続コネクタもボード上から無くなってました。

これもまた予想外です。

いままでも、“つないでたけど使ったこと無い” というのが実態でしたからね。廃止は必然ですか。とはいえ、FDDを外すと前面の3.5インチスロット部分が空洞になってしまうので、使えないけどFDDを付けっぱなしという中途半端な状況になっています・・・

あー、あとは、さっき書きましたが PCI スロット数ですね。

現状は 4スロットでしたが、この時代の最大標準は3つです。

いちおういままでは4スロットすべて使っているので、それが減ってしまうのはちょっとイヤなんですが、まぁしょがないでしょう。

ちなみに今までの用途は以下の通り。

(1) LAN追加 (Giga) ※ネットワーク2系統

(2) TVキャプチャ/MPEGハードエンコーダ

(3) SCSI (MOドライブ接続)

(4) IDE RAIDカード (HDDミラーリング)

あー、このラインナップからして、最も優先度が低いのは 「(3)SCSI」ですかね。

古いMOドライブをつないでるだけなんで、どうでもいいっちゃ、どうでもいい感じです。

ってことで、残りの3つ「(1) (2) (4)」を接続しようと思ったのですが、ここでトラブル発生。

「(4) IDE RAIDカード」が使えませんでした。

これを接続すると、ハード的には電源入るのですが、BIOS画面まで到達できず、その前にフリーズするような状況になりました。

ぜんぜんブートできない状態。

ちょっと、なんでこうなるのか不明ですが、とにかく使えないみたいなので、「(4) IDE RAIDカード」 はあきらめるしかありません。

代わりに 「(3) SCSI (MOドライブ接続)」 が繰り上がり当選です。

ま、MOドライブそのものが半死の状態なので、かなり要らないのですが・・・

ってか、ミラーリングができなくなったって事は、それ用のHDD (IDE 80GB ×2個) がまた浮いてしまうという事態に。

んんー、

で、まとめると、今回浮いてしまったパーツ類は、

(a) マザーボード intel D945GNT

(b) CPU intel Pentium D 3.40GHz

(c) メモリ DDR2-533 1GB×2枚+512MB×2枚

(d) FDD

(e) HDD 日立80GB ×2個

・・・、こ・・・、これは・・・

「CPUやマザーを買い替えた」 というよりは、

「新しいPCを買った」 と言った方が近い状況なのではないだろうか・・・(超汗

------------------

いちおうベンチマーク

■旧 Pentium D 3.40GHz

Bench_pentiumd

↓↓↓

■新 Core2 Quad 2.66GHz

Bench_core2quad

確かに CPU そのものは 劇的に速いかも知れないですね。

体感的には、例によってよくわかりませんが・・・

あと、HDDは今回 SATA2(3.0Gbps)に対応したつもりなんですが、READアクセスは速くなってますが、WRITEアクセスが遅くなっている・・・。もしかして、こういうモンなのだろうか。。。

リンク: Intel� Desktop Board DP43TF - Overview.

|

« クアッド大惨事 | トップページ | MonsterX-i »

デジタル機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139596/43134149

この記事へのトラックバック一覧です: クアッド大作戦:

« クアッド大惨事 | トップページ | MonsterX-i »