« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

戦場の絆ポータブル

あー、どうも。

ゲーセンのコックピットにはまだ入ったことない Tak.Arai です。

これ 買ったです。

Gundam_senjo_kizuna_packages

深まるのは “傷” か “絆” か。

前代未聞の8人通信対戦。(4対4)

機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル

意外といろんな特典がついて来ましたね。

ってことで、早速 液晶復活したばかりのPSPでゲーム開始しようとしたら、予想だにしない事件が勃発です。

Psp_menu_kizuna Psp_error_80020148

んんーッ!?

「80020148」 とかいうエラーが出てゲームが起動できないのです。。

そういえば、昔、純正ファームのときにダウンロード購入したアーカイブゲーム(PS1のゲーム)や無料体験版ゲームなどが、CFW化したときに起動できない状況になったのですが、そんときも確かこんな状況になっていた気がします。

んん~・・・ (汗)

もしかして、CFW のバージョンを上げたらいけるのかな?

現状 Ver.4 の CFW なので、Ver.5 にUPすればこの状況が改善されるのかも知れない・・・

なんとなくそう思ったが、でも一生懸命アップデートしてそれでも現象が同じだったりしたらなんかイヤなので、いちおう類似の症状をネットで検索してみました。

すると、同様の症状が全国的に発生していることが判明。。

Ver.5のCFWの人もダメだったと言っているので、アップデート作業は無駄なようです。

んん~、とにかく、カスタムファームだと起動できないようになっているゲームソフトのようです。

UMDで起動しようと思ったけど、今度は普通にバージョンチェックに引っかかる始末。(Ver. 5.05 を要求される)

で、いろいろ四苦八苦しましたが、CFWでこのゲームを起動した例が無さそうなので、キッパリとあきらめました。

何故か別途持っている PSP-3000 がここに来て活躍開始です!

(まぁ、PSP-2000の液晶故障中も大活躍でしたが)

余談ですが、PSP-3000の液晶は色の深みが増していることだけが長所で、基本的に見づらいので嫌いです。

液晶のセルが横並びになっているためか、やけに画面が横縞に見えるのです。

てっきり、動きが激しい映像のときにそう見えるのかと思っていたのですが、静止画像でも、目線を動かしたときに横縞がみえるので、完全に液晶パネル自体の問題な気がします。

事実上の不具合・欠陥だと言えると思いますが、もちろんメーカー側はそういうのは欠陥だと認めません。断固として問題なしと主張するでしょう。

とはいえ、メーカー内部では問題を認識できているはずなので、近いうちに 『液晶がさらに見易く』 みたいなフレーズで 改良型が発売されることを勝手に期待しています、Tak.Arai です。

ふぅ~

話がそれましたが、ゲーム映像です↓

Gundam_senjo_kizuna_youtube

とりあえず、テレビCMで観た印象どおり、グラフィックがやけにしょぼい感じです。(^^;

あと、戦場ステージも4つしかない。

なんかまるで “体験版” みたい。

“ポータブル”はダテじゃない、ってカンジです。

リンク: 機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

復活のPSP!

あー、どうも

液晶が 下半身不随 になってしまった PSP-2000 を分解して遊んでいたら、何故か今度は液晶バックライトが点灯しなくなってしまった Tak.Arai です。

分解の模様はこちら

ってことで、

ヤフオクでこれをゲッツしたです↓

Psp2000_lcd_new_packed

はい、PSP-2000 用 液晶(バックライト付き) です。

新品、約 6,000円

ちなみにこれが正規のパーツなのか、バッタモンなのかはよくわかりません。

ほいじゃ、交換作業です。

といっても、前回解体作業をしてみて、だいたい勝手が判っているのでこの交換作業は一瞬です。

えい! やぁーッ!

Psp2000_lcd_new_replaced

おぉー。

意外とあっさり復活できましたよ。

ちゃんとキレイに映っている気がするので、良かったです。

これでまた、動作音を気にしなくて済む UMDレス のゲームプレイが可能ですね(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のダブルオー

Gundam002nd_24

リンク: 機動戦士ガンダム00 [ダブルオー].

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V テム・レイ編 エンディング

長き戦いに終止符です。

Girenyaboaxisv_youtube_end

技術者集団のはずなのに、何故か三勢力中一番技術力が低い「テム・レイ軍」。

その戦いが終わりました。

もちろん「VERY EASY」ですが・・・

でも結局資金不足、資源不足の傾向がやっぱりありましたね。

終盤は、開発プランが大量にたまって滞った状態に陥りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSP-2000 解体大惨事?

あー、どうも。

Psp3000_video_kina 出張行き帰りの特急ではテレビ録画を観たりしています、Tak.Arai です。

ちなみに、ブルーレイレコーダーからPSPにテレビ録画を落とすやり方はUSB接続となるため、ライセンスセキュリティ的に他のPSP本体にメモリスティックを挿したときテレビ録画は再生されないんじゃないかと予想していたんですが、意外にもそれはOKでした。

自分が持っている旧PSP-2000に 『キイナ ~不可能犯罪捜査官~』 をおでかけ転送して、そのメモリスティックを別のPSP-3000に挿入して再生操作してみたら、普通に観れました。

ダビング10だからか、バグってるのか微妙ですが、まぁ良かったです。

なんといっても自分の旧PSP-2000は、前にも触れたとおり 液晶が “下半身不随” ですので。。。

ってことで、今回は、

ヤフオクでこれをゲッツしたです。

Psp_driver01 Psp_driver02

PSP専用 星型ドライバ~ッ!!

はい、ここです。↓

Psp_star_neji

PSP2000/3000 の上部には、何故かこのような専用ネジが仕込まれており、一般的な工具では開けられないのです。

こんな面倒な仕様にしてくれてジャマくさいです。

ってか、このネジヤマも小さくて 専用工具を使ってもかなり丁寧にやらないとドライバー先がつぶれちゃったりします。

ウザイことこの上ない感じです。。

ま・・・、

まぁ、話を進めると、とにかく分解してみました。

えいッ!

Psp2000_opened_01

おぉー、

あの専用ネジがジャマなだけで、結構素直に開きました。

写真のとおり、もう常に下半身不随です・・・

Psp2000_opened_02

↑液晶も外してみた感じ。

そうそう、

例のLEDカスタムの部分も見ていきましょう。

Psp2000_led_code_l Psp2000_led_code_r

おー、赤黒のリード線が見えました。

やっぱりスピーカーとLEDをつないでるだけのようです。

Psp2000_led_code_up

んんー、こうなっているワケです。

ここに、ウマイことLEDを埋め込むのがちょっと難しそうですね。

ゼロの状態からここまで持っていくのは、確かにツライかも・・・

間違いなくどっか壊すな。。

Psp2000_lcd

はい、液晶です。

そしてこれが裏面です。↓

Psp2000_lcd_back

「MADE IN CHINA」 です。

とはいっても、これはバックライトだと思います。

液晶自体がどこ製なのかは良くワカリマセン。

んー、まぁ、解体した結果はこんな感じ。

液晶自体の交換は、なんとかなりそうですね。

端子がフィルム状なのがなんかやりにくそうですが、まぁ、やってやれないことはないでしょう。

やってみるさ。

ただ、まぁ、

・・・

Psp2000_lcd_broken

組み戻したら、何故か液晶が完全に点かなくなりました。(まじで)

どうやらバックライトが点灯していないようです・・・

液晶は下半身不随で、バックライトは点灯せず。

やはり凶運の年は余計なことはしないほうが良いか・・・

リンク: Tak.Arai の 俺達がガンダムだ!: PSP-2000を修理に出すか?.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シネプレックスデビュー

あー、どうも。

出張が4月も延長、Tak.Arai です。

まぁ、その延長とは直接関係ないのですが、出張先で映画館デビューです。

いや、そのデビュー自体は結構前(1月)なのですが、ブログに書くのがこのタイミングになってしまいました。

尚、もちろん“会員”です。

Cineplaex_card

最初に映画観るよりも前に、なんとなく会員カードだけ作りました。(1月初旬の話)

当時は出張は二ヶ月の予定だったので、まぁ冗談でカード作った感じだったのですが、4ヶ月コースともなると、このカードのポイントが意味を成す日が訪れるのも、あながち冗談でもなくなってきました。

さて、CINEPLEXインプレッションですが、自分が常用しているMOVIXと比較すると、だいたいこんな感じです。

・オンライン予約ならMOVIX

・価格ならCINEPLEX

まずネット予約についてですが、シネプレックスでもオンラインチケ購入が可能ですが、価格が高いです。まぁ、特に割引が無いのはMOVIXでも同様なのですが、MOVIXだと席のピンポイント予約が可能なのと、窓口購入よりオンラインのほうがポイントが高いという待遇があります。シネプレックスは(TOHOシネマズやWALD9でもそうですが)オンライン予約はできますが、席の指定ができません。

シネプレックスは「会員価格」みたいな概念があり、基本的に通常料金が安いです。表面的には300円引きで通常価格1500円で、さらに何故かSUICA定期券などを提示するとさらに200円引きの1300円になります。なのでいつでも基本的に1300円で観れる感じです。ただし、先述の「オンライン」は会員制度が関係ないので、1800円コースになってしまいます。

ってことで、シネプレックスは悪くない感じですね。

土日の日中でも1300円で普通に観れるという価格姿勢は良いと思います。窓口に並ぶのは面倒くさいけど、ってか、正直まともな行列になっているのを観たことがないので(笑)、たぶん面倒くさくないです。(^^;

リンク: シネプレックス.

Cineplex_members

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のダブルオー

Gundam002nd_23

リンク: 機動戦士ガンダム00 [ダブルオー].

| | コメント (0) | トラックバック (0)

投稿バナナ

投稿ガンプラでも、

東京バナナでもない。

“投稿バナナ” だ!

Toko_banana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D5デビュー?

あー、どうも。

まさか出張先の北関東エリアでイニD5デビューする事になるとは予想もしていませんでした、Tak.Arai です。

とりあえず定時退勤日を利用して、駅前峠にギャラリーしに行きました。

夜7時過ぎくらいだったので さぞかし高校生ドライバーとかがたむろしているのだろう、自分がデビューする隙は無いかな?

などと、若干の緊張感を持ちながら現場に向かってみると、そこに現れた光景がこれです。。

Ts3g0052

ガラ~ン・・・ ( ̄▽ ̄;)

ま・・・、まさかの人っ子ひとり居ない状態。

ギャラリーどころか走ってる人も居ない。

あ、まぁ、気を取り直して(汗

とりあえず筐体脇のプレートでも確認してみましょう。

Ts3g0055

んー、ふむふむ。

「免許証購入料金を用意しておこう!」とこのことです。

1プレイ100円で、カード発行料金は別途300円必要です。

いざシートに腰かけ、コインを投入しようとしたら100円玉1枚しかありませんでした。

危ないあぶない。

このままプレイしたら、免許発行無しの “「プレイヤー」プレイ” になっちゃうとこでしたよ。

ちょー恥ずかしい。コイツ初心者だと思われちゃう。

あわてて両替機へゴー!

この不景気になけなしの千円札を両替です。

で、いざ100円投入してゲームスタートすると、

こんな画面が。。

Ts3g0053_2

ガビ~ン・・・ ( ̄□ ̄;)

『免許証の在庫がありません』 と来マシタ・・・

そ、そんな、そんなパターンっすか。。

これまた予想だにしない展開ッス。

どっちかっていうと、ゲーセンを覗いてみたら、

「まだD5入ってないよ(汗)」的な、、、

そんな展開を心のどっかで期待していたのですが、

思いの他ガラガラで両替してまでヤル気まんまんで臨んだあげく、免許証発行できずに “「プレイヤー」プレイ” を余儀なくされるという、そんなパターンになるとは・・・

店員に言えと書いてあるけど・・・、

いや、なんかちょっと恥ずかしいし、

むしろ「まだそのときではない」的な 宿命的なモンだと考え、あえてこのままゲーム開始しました!

まさかの無免許デビューです!

(いや、ありえねー)

ってことで、今日はカード発行はナシです。

ちなみに戦果ですが、とりあえずEG6にボロ負け状態。

まったくさっぱり走り方がワカリマセンでした。

なんとなく、「D3」に戻ったのかな、という気がしないでもない?

リンク: INITIAL D GAMES OFFICIAL WEB SITE.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のダブルオー

Gundam002nd_22

リンク: 機動戦士ガンダム00 [ダブルオー].

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のダブルオー

Gundam002nd_21

パパ・・・、ママ・・・、やったョ・・!

リンク: 機動戦士ガンダム00 [ダブルオー].

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »