« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

ガンダム戦記 傭兵の旅 vol.2

傭兵の旅、続編。

_______________________________________
▼09 恐怖!機動ビグ・ザム

Youtube_gundamsenki_merc09

例によって宇宙で使えるMSを買ってないので、暫定ザクでビグザムに挑みます。

_______________________________________
▼10 グラブロ戦

Youtube_gundamsenki_merc10

水中では逆にEz8を有効活用。(水中適正が良い)

シナリオモードでは一人で、しかもジムコマンドで戦わないといけなかったグラブロですが、今度は気楽なモンです(^^;

_______________________________________
▼11 テム・レイDISCの旅

Youtube_gundamsenki_merc11

プロトタイプガンダム(RX-78-1) を ガンダム(RX-78-2) へ改造するには 「テム・レイDISC」が5枚必要になります。

このミッションで確率により入手できるのですが、なんか狭いし時間かかるし、あんまり出ないしで 散々です。。

ってか、この時点ではそもそもプロガン買ってませんが(笑

_______________________________________
▼12 射撃武器収集

Youtube_gundamsenki_merc12_2

よくよく考えたら、まともな射撃武器を1つも持っていないではありませんか。

今使っているのも、何故かガンキャノン用のビームライフルで わざわざ購入したやつ。

ってことで、このミッションでアイテム収集。

運良く 「ジムライフル」 と 「新型ビームライフル」 を同時にゲットです。

_______________________________________
▼13 ガンダム、月面に立つ!!

Youtube_gundamsenki_merc13

プロトタイプガンダムを購入しこれまで集めたテム・レイDISCを適用させて RX-78-2 を入手しました。

さらに、ガンダム用ビームライフルやシールドなどの ガンダム正装 も完成!!

いざ、月面での戦いに挑みます。

______________________________________
▼14 実弾系武器も収集

Youtube_gundamsenki_merc14

実弾系の射撃武器を持っていなかったので、「ハイパーバズーカ改」を求めてこのミッションにやってきました。

しかしながら、ザクのバズーカ攻撃 や ケンプファーのショットガン攻撃 などに大苦戦です。

やっぱ実弾攻撃はあなどれないw

(つづく?)

リンク: 機動戦士ガンダム戦記.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンダム戦記 傭兵の旅 vol.1

機動戦士ガンダム戦記では、シナリオモードを 連邦軍 と ジオン軍 の両方ともクリアすると、傭兵の旅に出ることができます。

フリーミッションでは、通常は 連邦軍 か ジオン軍 のいずれかに属してミッションを進めるのですが、傭兵の場合は1つのパイロットデータで両軍の全ミッションを実施でき、かつ当然両軍の兵器を自由に扱う事が出来るようなります。

その代わり、兵器コストがすべて倍額になるという大きなデメリットも付属してくるため、傭兵になるべきかどうかは気軽には判断しかねます。

ただ、やはりその自由度の高さに惹かれてか傭兵を選択してしまったのですが、やはり資金面の厳しさには若干の後悔も・・・

モビルスーツの購入にあたっては文字通り高い買い物になってしまうので、それこそ気軽にちょっと買う、なんて感覚には成り得ません。

感覚的には、実世界でクルマの購入を決める感じに近いです。

武器なども高いです。

武器などはそうですねぇ、ノートパソコンを買うくらいの感じ?(笑)

ちなみに価格帯としては、ジム・カスタムが120万、ガンダム試作1号機(ゼフィランサス)が240万とかそんな感じで、稼ぎとしては1ミッション(平均10分弱)で平均1万5千~2万くらい(但しオンラインで難易度最高の場合)。オフラインだと稼ぎはもっと少なくなります。

まぁ、とにかく資金繰りが大変なのです。

ってことで、傭兵にならずに普通に連邦とジオンそれぞれの正規軍パイロットデータを別々でやればよかったかなぁ、って微妙に思っていますが、ここまでやってしまっている以上あとには引き返せません。

ってことで、今回はとりあえずこれまでの軌跡を(動画で)適当にお送りします。

あ、ちなみに今まで購入したMSは3機です。

1.陸戦型ガンダム(36万) → Ez8

2.プロガン(120万) → ガンダム → G-3

3.陸戦型ジム(10万) → ジム・スナイパー

」は改造

主に現状はG-3です。

あと、ジムスナは興味本位で作ってみただけで、まだ乗った事ありませんw

そのほか、購入せずに初期配備される無料MSが数体ありますが、ザクⅠ・Ⅱ、ジムのみ。これらは適当に改造して使う感じです。

なお「改造」はミッションで確率で入手できる改造パーツを使用します。

えー、なんだか前フリが長くなってしまいましたが、以下旅映像です。

_______________________________________
▼01 旅立ち

Youtube_gundamsenki_merc01

_______________________________________
▼02 とりあえずキャノンに改造

Youtube_gundamsenki_merc02

初期配備のMS(ザクとジム)ではあまりにも戦力不足です。

とはいえ軍備をそろえる資金も無いので、極力拾ったアイテムを活用することになります。(各ミッションクリア時に確立でアイテムがもらえる。なんかドラクエみたい?)

とりあえずザクⅡをキャノン装備に改造するパーツを拾ったので早速装着し、ザクキャノンを作成。しばらくはそれを運用しました。(防御力などがザクⅡより良いので)

_______________________________________
▼03 キャノンなのに格闘で

Youtube_gundamsenki_merc03

まぁ、別に中距離攻撃がしたいワケでもなく、単にカネが無いからキャノンになっちゃっただけなので、とれいあえず格闘主体で。(格闘はタマ切れが無いから良いですネ)

_______________________________________
▼04 この風、この肌触りこそ HARD です(?)

Youtube_gundamsenki_merc04

なんとなく、初期配備のザクⅠはランバラル仕様に改造する流れになります。

まぁ、でも所詮はザクⅠですけど・・・

後ろに居るのは金色ジム。

_______________________________________
▼05 自腹で買ったモビルスーツ

Youtube_gundamsenki_merc05

んん~、かなり悩んだ。

かなり悩んだ挙句、コストパフォーマンスや今後の改造展開も見込んで RX-79[G] 陸戦型ガンダムを購入してしまいました。

38万もしました。

初めて中古車を買ったような気分ですw

ちなみに、ジム・ストライカーとかなり悩みました。

ジムストは格闘に特化した機体で機動性が良く、また陸ガンより低価格なのでかなり魅力的でしたが、やっぱり現実的には射撃性能は必要なので、無難な方を選択しました。

とはいえ、いまでもジムストにすればよかったかなと 時々思います。

_______________________________________
▼06 次世代機との対戦

Youtube_gundamsenki_merc06

デラーズ紛争時代のMSが出てくるのでやな感じ。

_______________________________________
▼07 宇宙で戦えるMSが無ぇッ!

Youtube_gundamsenki_merc07

宇宙は困りました。

なんといっても、陸ガンしか買っていないのですから。

ってことで、応急措置的に手元にあったザクⅡを「ガルマ専用」に改造し、それで運用です。(改造パーツはオンラインで協力してもらって入手)

射撃武器がないので、どっかで運良く拾ったシンマツナガのナギナタを使用。(これまたオンライン協力で・・・)

まぁ、ジェネレータ許容値的に無理があるけど。。

_______________________________________
▼08 Ez8

Youtube_gundamsenki_merc08

はぢめて買った愛着のある陸戦型ガンダムを、上位機種であるEz8に改造です!

んん~、なんか複雑な気分(笑

マルチランチャーがなくなってしまったのは残念ですが。

まぁ、またしばらくは、少なくとも地上ではこのMSで運用です。

(つづく?)

リンク: 機動戦士ガンダム戦記.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グランツードリフト

あー、どうも。

PSP版グランツーリスモについては、さんざん文句言っていた Tak.Arai です。

文句言っていた割には結構やってしまいました。

ドリフトトライアルです。

このなんというか、絶妙なゲームバランス?

ウマくいきそうで行かない。んん~ッ

ついリトライを激しく繰り返してしまう、そんなゲームモードです。

いやこれは、さんざん文句言ってたのにハマっちゃったなぁ~、って一瞬思ったんですが、やっぱり一時的なもので、すぐにやらなくなりました。

まぁ、想定どおりというか、これまでのプロローグ系に同様だと思いますが、“ただ走るだけのグランツーリスモ” なんて やらないですよね・・・。継続しない感じです。

▼01 240SX

Youtube_pspgt_drift01

▼02 MR2[AW11]

Youtube_pspgt_drift02

▼03 MR2[SW20]

Youtube_pspgt_drift03

▼04 Mercedes-Benz SLR

Youtube_pspgt_drift04

▼05 IMPREZA[GC8]

Youtube_pspgt_drift05

リンク: 製品情報 - グランツーリスモ・ドットコム.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ガンダム戦記 アンケート

購入者アンケートをやっていることは当初から知っていましたが、ある程度プレイしてからの方が良いだろうと思いこれまで保留していました。

満を持して記入です。

Gundamsenki_enq01

Gundamsenki_enq02_2

Gundamsenki_enq03_2

リンク: 機動戦士ガンダム戦記.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンダム戦記【ジオン編】

あー、どうも。

機動戦士ガンダム戦記では、まだモビルスーツを1機しか買った事が無ありません、Tak.Arai です。

えー、今回はジオンシナリオのご紹介。

ジオン編では、若く誇り高き士官 エリク・ブランケ少佐 率いるインビジブル・ナイツの物語です。 ジオン復興を願う残党勢力による物語であることから、表面上は夢と希望にあふれる側面があるものの、現実は理想通りとはいかない。 連邦編と比べると暗く悲劇的な内容が展開されます。

▼01 (決起のインビジブル・ナイツ)

Youtube_gundamsenki_zeon_01

『私達は今日までに辛酸をなめ尽くしてきた。 戦うことも、死ぬことも許されず、生き恥もさらしてきた。 だが、それに耐えたのは、水天の涙という希望があればこそだ。 時は来た。 我らインビジブル・ナイツによって、ジオンに栄光を取り戻すぞ!』

平和ボケした連邦軍からモビルスーツを奪うことでMS小隊を結成するこのミッション。

メンバーの一人は言う。

これなら民間人でもMSを奪えますよ。

▼02 (オデッサに眠る試験機体)

Youtube_gundamsenki_zeon_02

オデッサ基地に侵入し、鹵獲された名機 イフリート・ナハト を奪還するミッション。

以降はこのイフリートで大暴れ!?

格闘主体の戦闘を展開することになる。

▼03 (宿命の出会い!?)

Youtube_gundamsenki_zeon_03

オデッサからの脱出の際、連邦の精鋭チームと戦闘を余儀なくされる。

そう、あの部隊章、ファントムスイープ隊だ。

エリク達は以後、彼らとの激戦を繰り返すことになるが、なぜかあの「タチアナ・デーア」の存在を戦場で感じ取っていた。

連邦に情報スパイとして送り込んだタチアナ・デーア。

まさか戦場に出てくる事になるとは・・・。

▼04 (どうしてそう無防備なの!)

Youtube_gundamsenki_zeon_04

オデッサを離れ密林基地での戦闘においても “ハイエナ” こと ファントムスイープ隊にかぎつけられるインビジブルナイツ。

戦闘のさなか、シェリーことタチアナの叫び声が響く。

『どうしてそう無防備なの!』

怒りと悲しみが複雑に入り混じるその声の先に、命を散らしてゆく幼馴染のフリッツ。

メンバーのまさかの戦死に動揺するインビジブルナイツ。

隊長のエリクが再び統制をはかる。

『水天の涙は実現する! スペースノイドの独立を勝ち取るためにも、それが私達の悲願だ! 状況は同じだ。 黙した者からやられるぞ! そうだ。 今はフリッツもタチアナも忘れろ!』

▼05 (不発の涙)

Youtube_gundamsenki_zeon_05

劇中最も激しいと思われるオーガスタ基地での戦闘。

ここでもまた大切な命は散っていく。

それもすべて 水天の涙、その悲願の為に他ならない。

しかし・・・、ついにその定刻が訪れるも、いっさい何も起こらない現状に呆然とするインビジブルナイツ。

なぜだ・・・、何もかもがうまくいっていない。。

『何も起こらない、ウソでしょう・・・。 どうして落ちてこない? まさか月の部隊に何か・・・。 そんな・・・、こんなことって!? まだ、信じて戦ってる人たちが居るのに! アイヒマン大佐は何の為に・・・。 それに、あの人も戻ってこない・・・。 来れない事情があるのか、あるいは・・・。』

そう、タチアナ・デーアは戻ってこなかった。

また、予期しないアイヒマン大佐の死・・・。

『あとは任せるぞ! エリク少佐! 偽りの平和にあぐらをかいた、連邦軍の愚か者どもよ! 目に物見せてやる! ジオンに栄光あれ~ッ!』

まるで デギン・ザビ の御曹司 ガルマの最期を彷彿される印象深いシーンをこのミッションで目の当たりにする。

▼06 (フィリーネ! 全軍に攻撃指示だ!)

Youtube_gundamsenki_zeon_06

水天の涙。そう命名されていたジオン残党の悲願の作戦は完全に失敗に終わった。

水天の涙とは、月面の物資運搬施設であるマスドライバーを利用し、連邦の各重要拠点や重要都市を攻撃するという計画。しかし、それを実行するためのプログラムや必要資源はすべて消滅させられてしまった。つまり、再び同じ作戦を実行することも不可能。

そんな絶望的な状況においても、インビジブルナイツは月に向かわずにはいられなかった。運良くマスドライバーを奪還できたとしても、唯一オーガスタへ1発放つ程度がやっとであるにもかかわらず。

それでも・・・、その程度のことでも、やるしかなかった。

しかし・・・、ここでもまた悲劇の一幕が。

『シェリーだと!? まて! それにはクリストがッ!』

▼07 (ゲルググ・エリク仕様)

Youtube_gundamsenki_zeon_07

デラーズよりゲルググ等の軍備を受領。

これで月面でも戦闘可能だ。

ただ、このミッションは地味に辛い内容。

COMである僚機も含めて指定時間内に指定エリアに移動しなければならない。

もたもたする僚機・・・。

こういうとき、僚機を出撃させないほうがラクなのよね?

▼08 (激戦・マスドライバー基地)

Youtube_gundamsenki_zeon_08

『フィリーネ! 急ぎ、質量弾の発射準備を進めろ! あと少し・・・、あと少しだ!』

▼09 (悲願のラスト?)

Youtube_gundamsenki_zeon_09

『作り物だとしても、願いの1つくらい 叶えて見せろッ!』

リンク: 機動戦士ガンダム戦記.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Macross Ultimate Frontier

マクロス アルティメット フロンティア を開封しました。

Img_0968

あー、ケース1つでUMD2枚入っているパターンのやつです。

めずらしいですね。

とりあえず、オープニングから最初のミッションまでをアップアップです。(明らかに録音レベルが高すぎて音が壊れてますが・・・)

Youtube_muf_zero_01

いちおうこれは、前作マクロスエースフロンティアの続編というか二作目になりますが、前作からのデータ引継ぎが一応あるものの引継ぎ内容はかなり微妙。

ってかほとんど引き継がれないです。

まぁ、それはそれでいいけど。

あと、グランツーリスモもそうなんですが、最近は任意のMP3をゲーム中で再生できうようになっているみたいです。

メディアの決まった位置にMP3ファイルを置いておくと、本来のゲームBGMとの差し替えになるようなカタチ。

んん~、便利っちゃ便利だけど、なんとなく微妙な気分・・・

リンク: マクロスアルティメットフロンティア| バンダイナムコゲームス公式サイト.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSP GranTurismo が不満だ!

あー、PSP版グランツーリスモは UMD版とダウンロード版の両方持っています、Tak.Arai です。

そんな高額投資からまだ間もないですが、普通にこのゲームに不満だらけです・・・

かなりの期待外れです。

過去のPS2版のGT4みたいな、いわゆるこれまでのグランツーリスモシリーズの世界観がPSPにやってくるものと想像していたのですが、だいぶ違う感じです。

限りなくプロローグレベルです。

ってか、『 “フルスペックの” グランツーリスモ 』 とかっていうキャッチコピーで売っていることが問題な気がします。

「グランツーリスモ ポータブル」 とか、「プロローグ」とか、「for PSP」 とか、なんかそんなタイトルだったらまだ納得できるんですが、『フルスペック』には程遠いです。

おそらく、コース数と車種数だけを考えてフルスペックと言っているものと思われます。

自分の想像とのギャップとしては、具体的には以下のような点が挙げられます。

・中古車の概念が無い(古い車を買うことは可能だが、レア車種レアカラーの登場を待つみたいなゲーム性が無い)

・タコメータがアナログでなくて解りにくい(なんだか横棒のデジタルタコ)

・チューニングショップが無い

・つまりチューニングパーツが無いし、パーツ変更的な概念が無いに近い(クイックチューンのようなものがあるだけ)

・タイヤ販売も無い(タイヤは最初から全種類持っているような感じ)

・当然ホイールショップも無い

・チューニングパーツの概念が無い感じなので、当然「ガレージ」の世界観が無い

・0→400mなどの各種計測施設も当然無い

・洗車場が無い(汚れの概念が無い)

・イベントレースが無い(アーケードレースしかないようなイメージ)

・ディーラーの登場が何故か限定的(同時に4店しか何故か存在しない)

・ライセンスの概念すら無い

んん~、(汗

これは今までグランツーリスモシリーズをやってきた人が期待して買うとガッカリ感がハンパ無い感じではないでしょうか。

とにかく、開発側として 「コースと車種がいっぱいあればいいんでしょ?」 って思っちゃっている感じがあるのが否めません。

こりゃひどい。

コースと車種以外で言えば、GT5プロローグのほうがマシです・・・

イベントレースはあった気もするので。

いやいやいや、ミッションを適当にやって飽きたらまったくやらなくなる感触濃厚です。。。

まぁ、かろうじて期待できるのはアドホック?

あとは、実はすべて計算されていて、まもなく大幅なオンラインバージョンアップがあるとか?

ないか?

Youtube_pspgt_play01

Youtube_pspgt_torosta

リンク: 製品情報 - グランツーリスモ・ドットコム.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やれるとは言わない。でも・・・、やるしかないんだ!!

あー、どうも。

ガンダム戦記では、まだモビルスーツ1機しか買っていません。Tak.Arai です。

まだまだこれからのやり込みが必要と考えられる昨今、このようなモノが届いてしまいました。

Img_0962

はい・・・。

PSP版 グランツーリスモ と、

マクロス アルティメット フロンティア です。

偶然にも同日リリース。。

まだどちらもパッケージを開封していませんが、写真のPSPに映し出されているのは、さらに別のグランツーリスモ・・・、というか 「ダウンロード版」 です。

はい、グランツーリスモについてはUMD版を買ったものの、やっぱりというか、マクロスと同時進行させることを考えるとメディアの出し入れがメンドクサすぎる。。

ってことで、GT5プロローグのときもそうでしたが、躊躇無く追加でダウンロード購入してしまいました。

ちなみに、UMD版はインストールすることが推奨されているのですが、ダウンロード版はインストールすると逆に遅くなるとのことで、インストールしないままプレイすることが推奨されています。

なんだそりゃ。。

とはいっても、最近はゲームソフトのオンライン(マイナー)バージョンアップが普通になりつつあるので、結局インストールさせられることになるような予感はしていますが・・・

Img_0967

最近は、購入特典としてプロダクトコードが付属するのが流行ですか。

UMD版 ヨドバシ特典は

「ベンツSLR マクラーレン(レッド)」のようです。

とはいっても、これもきっとダウンロードするものの、ゲーム内で高額販売されているだけなんですかねぇ。

Img_0965

はい、マクロスのほうは 「超時空娘々パック」 です。

つまり通常版ではないヤツ。

値段は忘れたけど、結構高かった気がします。

内容はこれでした。

Img_0966

んん~、予想通りUMDビデオです。

劇場版マクロスF の 特報など、他いろいろ。

ん~、

グランツーリスモは2本購入、

マクロスは映像UMDとゲームUMD。

さらに、ガンダム戦記は積み残し状態・・・

うぅ~・・・ ( ̄□ ̄;)

や、やれるとは言わない・・・、

でも やるしかないのか。。

リンク: マクロスアルティメットフロンティア| バンダイナムコゲームス公式サイト.

リンク: 製品情報 - グランツーリスモ・ドットコム.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンダム戦記【連邦編】

あー、どうも。

PS3 機動戦士ガンダム戦記 が発売されてからまもなく1ヶ月が経とうとしていますが、いまだにやることが大量にある感のある Tak.Arai です。

えー、このゲーム、やる前は面白いのかどうかがまったくの未知数な感じでしたが、フタを開けてみると意外とまともというか、アタリゲームな感じがします。

PS3ならではのボリューム感とか自由度の高さがあるのと、またシナリオモードはそれなりのストーリー性があるので、話(ゲーム中のHDアニメ)だけでも結構楽しめるのです。

ガンダム路線でオリジナルストーリーによるゲーム化といえば昔の「ガンダム外伝」シリーズがありますが、なんかやっぱりあんな感じで、初めて見るストーリーなだけに自分が主人公になりきれるような、そんな楽しみ方になる印象です。

ちなみに今回は一年戦争のサイドストーリーではなく、“戦後” の残党にまつわるお話で、時代は U.C.0081 です。

一年戦争終結後から、デラーズ紛争までの間を埋める小ストーリーになっており、RX-81シリーズという新作MSも登場します。

尚、このストーリー本編ではほとんど出てきませんが、今後のダウンロードコンテンツとしてデラーズ・フリートが関係するミッションも出てくるようです。

えー、例によってゲームプレイ映像を適当に録画してあるので、今回は連邦編をここにまとめてみました。

※【注意】これから始めるつもりの人は見ないほうがいいです。(ゲーム中のアニメーションに重要シーンが多い)

連邦は、部下を大勢失ってきたことからそれを常に引きずり、常に死に急ぐような言動が多いユーグ隊長率いる ファントムスイープ隊 のストーリーです。

▼01(最初の鬼門ミッション)

Youtube_gundamsenki_efsf_01

『まさか こうなるとは・・・』

シェリーの意味深な発言から始まる鬼門ミッション。

ほぼドノーマルのジムコマンドで、劇中最強の陸戦機イフリート・ナハトとの交戦をいきなり強いられます。

この時点ではプレーヤー自身が初心者レベルなこともあって、予想以上の苦戦ぶり。

とりあえずこのゲームやめようかと思いました(笑)

余談ですが、ヒュー中尉が「カイ・シデン」、シェリー中尉が「セイラ・マス」に なんとなくイメージがかぶります。

▼02(一人で水中戦を強要されるミッション)

Youtube_gundamsenki_efsf_02

なぜか流れで水中戦をやらされる事になります。

しかも相手は水中専用モビルアーマー+ズゴック数匹。

こっちはジムコマンド1機。

イジメですか・・・

『隊長の足手まといを放り出せるか!』

仲間の出撃の申し出を整備長がなぜか強固に、勝手に拒絶。。。

▼03(RX-81シリーズへの初搭乗)

Youtube_gundamsenki_efsf_03

RX-81シリーズを発掘後、実戦試験も兼ねてそれでの出撃を命じられます。

そんな中、イフリート率いるインビジブル・ナイツとの2度目の遭遇。

激戦中、通信の乱れで 「すいてんのなみだ」 というコトバを耳にしたユーグ隊長。

『水天の涙とは何だ!?』

イフリートに問い詰め寄るも、お前達には止められないと言い残し 逃げられてしまう。

その戦いのあと、シェリーが気になる話を口にする。

『隊長、知っていますか? まだ人類がそらに上がる前、人が流れ星に願いを託したことを。 ある島国では、空から海に落ちるその雫に、“水天の涙” と名づけたそうです。』

シェリーはいったい何者なのか。

▼04(星が降り注ぐだとッ!?)

Youtube_gundamsenki_efsf_04

オーガスタ基地に対する激しい奇襲攻撃への応戦を命じられたファントムスイープ隊。

インビジブル・ナイツとの接触は無かったものの、とある言動からシェリー・アリスン中尉がやはりスパイであったことが判明してしまう。

『いえ、まだです・・・。 ここに、星が降り注ぐ・・・』

シェリーを逃がすなという上官命令に、とっさの判断で彼女の機体の頭部を打ち抜いて見せる、腕っ節が良すぎるユーグ隊長。。

『星が降り注ぐだと!? さっきのはどういう意味だ!?』

▼05(シェリー、何故キミが)

Youtube_gundamsenki_efsf_05

『これ以上命を散らさずに戦いを終わらせたい。』

そんな隊長の思いをよそに、またかけがえの無い命が消えていく。

シェリー、何故キミが!?

しかもそのイフリートに乗っているのは・・・

▼06(最初で最後の重装フルアーマー)

Youtube_gundamsenki_efsf_06

オマケのような3Dシューティング特殊ミッション。

このミッションで初めて重装甲フルアーマーガンダム(7号機)に搭乗するも、あっさりザクマシンガンとかに装甲を打ち壊され、ただのガンダム7号機になる流れ。

▼07(感動のラスト!?)

Youtube_gundamsenki_efsf_07

『すまない、私はまだ そちらには行けそうにない。地球に戻ったら会いに行くから。それで許してくれ。 ガンダム7号機 ユーグ・クーロ これより帰艦する!』

リンク: 機動戦士ガンダム戦記.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »