« ウェアが無いの巻 | トップページ | その宙に浮いた年金記録は自分のじゃないと思うの巻 »

ETC残高を帳消しにするぞの刑

あー、どうも。

近年ETCがブームになってから車載器やETCカードを準備した人は知る由も無いことなのですが、以前はETCには前払いできる仕組みがありました。

スイカやパスモのチャージみたいな感じ。

ただ、旧ETCの前払いにはメリットがあり、昔のハイウェイカードと同額のプレミアが付いていたのです。

確か、5万円支払うと58000円分になるとか、なんかそんな感じ。

なので、とりあえずチャージするときには最大の5万円コースでやっとくのが普通な感じだったのですが、高速道路に乗る習慣が無くなると、高額がチャージされたまま放置したような感じになってしまいます。

で、先日このような通知が来ました。

Etc_cancel_201001

「ハイカ・前払」残高管理サービスご登録期間終了(お取消)予定及び継続利用に関するお知らせ です。

ちなみに、当然ながら前払システム自体はとっくに終了していますが、現状は残高は管理されており利用できるのです。

しかしながら、長期間使用がないと帳消しになってしまうというルールになっているとのこと。

いやいや、末恐ろしい。

ちょっと使ってないだけで、4万弱のチャージ金が天下り機関に持っていかれちゃうの刑です。

ありえません。

ちなみに、最終利用日がこれを見ると2008年1月2日ですね。

日付的に、おそらくこの日に栃木方面に滑りにいったものと思われます。

で、このままだと2010年4月3日で帳消しにするぞという予告内容。

なので、とにかく使うか特定の手続きをしろという通告でした。

いやはや、なんだそりゃ。

まぁ、偶然にも(?)

今シーズンは滑りに行くことになったので、

マイETCカードを利用することにしました。

ってことで、利用履歴。

Etc201001

↑白馬にいったときの記録。

練馬~長野は1600円ですね。

1000円じゃないのは金曜夜だから?

それとも区間的にですかね。

さらに翌週、湯沢行き↓

Etc201002_2 

移動時間帯が午前早朝とかなので、とりあえず渋滞大惨事を回避するために 外環→関越 というルートを回避して、東北道→国道50→北関東→関越 というルートを初めて使用してみました。

まぁ、下道を経由するとなると、やっぱイマイチでしたね。

あんまり早くない。

ちなみに、こんな1回千円みたいな支払いの時代になっちゃって、あと3万円以上チャージ金が残っています・・・

とりあえず、高速無料化がコンプリートする前に使い切らなければ・・・

リンク: 「ハイカ・前払」残高管理サービス.

|

« ウェアが無いの巻 | トップページ | その宙に浮いた年金記録は自分のじゃないと思うの巻 »

凶の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139596/47567001

この記事へのトラックバック一覧です: ETC残高を帳消しにするぞの刑:

« ウェアが無いの巻 | トップページ | その宙に浮いた年金記録は自分のじゃないと思うの巻 »