« 赤い色の機体 | トップページ | 投稿ガンプラをUPしました »

スピーカーを交換しよう!の巻

えー、去年の年末くらいから違和感をおぼえていました。

「どうもカーオーディオの音がおかしい・・・」

音が割れるという表現がありますが、それに限りなく近いけど、それに加えて低音がモゴモゴ言ってる感じ??

言葉では表現が難しいですが、とにかく音がクリアでない感じがたまにしていました。

でもまぁ、あまり気にせずに、その後に高級カーナビ(ストラーダCN-HX910D)に換装。

そうしたら、その「音がおかしい」という症状が心なしか顕著になった感じでした。

以前は、そもそも “カーオーディオ” だったので、BGM的に低音が強いときになんか音がおかしくなる傾向があったのですが、今度は “カーナビ” なのでBGM以前に、それ以外のさまざまな音が流れ、たとえば 「ポ~ン♪」 というアラーム音や、 「カードが挿入されていません」 とかいう音声ガイダンスが流れますが、そういうアラーム音や音声ガイダンスなどですら音割れしている感じなのです・・・

いつもというわけではないけど、でも基本的にはいつもで、ただその割れっぷりに波があるような感じ?

とはいえ、これについてはなんとなく認識はしていたのですが、高級カーナビの出力が元々高いのです。

取扱説明書的には、出力は1スピーカあたり50Wなので、最大入力50W以上のスピーカを使用することという注意書きがあったのですが、自分の特にフロントスピーカは純正パーツであり、自分のHPの記載によると「最大入力30W」なのです・・・。

まぁ、言ってもそんなに問題ないでしょうと、音がおかしいのはきっとパナソニックカーナビの性能で、あくまでも「カーナビ」であり音にこだわってるモンでもないんだろうと、かってにそんな風に解釈していました。

とはいえ、スピーカ出力の数字については、やっぱり気になるし、そもそも 「純正スピーカ」を入れているというのもどうかと思うので、この長期休暇を利用して交換大作戦を発動することにしました。

とりあえず内張りはがし↓
Img_1331

スピーカ部のアップ
Img_1332

って、いやー、いやいやいやいや・・・

ちょ~、ボロボロじゃないですか!?

こうなんだ。

10年以上経過したフロントスピーカってこうなるんだ・・・

Img_1333 Img_1335_2

か・・・、完全に上のほうが割れているというか、腐って抜け落ちている感じで、下のほうはサビだらけなのか、見た感じ泥まみれのようにも思えます。。

まぁ、確かにフロントドアパネル内は、雨水とかにはよくさらされる気はしますが、まさかここまでとは想定外です。

自分も10年以上クルマを所有することは初めてなので若干の驚き、そして何故か若干の感動です(?)

「音がおかしい」という自分の感覚が正しかった。(いや、この状態だったらさすがに誰でも違和感をおぼえるんでしょうが・・)

まぁ、とにかくこれならスピーカ交換大作戦は120%正解ですから、モチベーションが上がった状態で交換作用に入りました。

今回購入したスピーカはこれです。
Img_1345

パイオニア カロッツェリア TS-E1676

(径16cm、最大入力170W)

これは市販されている クルマ用スピーカとしては 最低ランクの廉価品です。

本当は、今回はオーディオ本体がパナソニックなので、スピーカもパナソニックの、かつどうせなら若干高級志向のやつにしようかと思ったんですが、とりあえずアマゾンで売ってませんでした。

で、すぐに配送されてきそうなのがパイオニア製品だったので、これにしました。

まぁ、自分の場合はリアスピーカが元々カロッツェリアだったので、それに合わせる感じってことで。

ただ、グレードは悩みましたね。

スピーカは価格によって出力レンジの差が結構激しいですから、音にこだわりたい人にとっては格安スピーカを買うのはかなりありえないチョイスだと思われます。

しかし、フロントスピーカの交換自体が初めてだということと、上級グレードのスピーカだととりあえずツィータが別ユニットになってしまうので、それをどこに取り付けるのかとか悩みたくないというのがあり、かなり割り切った感じで今回は最低グレードのヤツにしてみました。

まぁ、とはいえ、30W → 170W というチューンアップになるので、まさに雲泥の差ってやつを体感できる予定。

Img_1341

↑外した純正スピーカの裏

ADDZESTで、定格20W、最大30Wの記載あり。

確かに純正スピーカが「最大入力30W」だという、何で知りえた情報なのか怪しかったですが、これを見てちょっとスッキリ。

Img_1347

交換作業の光景。

しかし並べると新旧の差が激しいですね。。

新品とボロボロ。

ちなみに、スピーカと車体側との接続は間に台座が乗る感じです。

上の写真の新品スピーカは台座に乗せた状態です。

思ったんですが、この台座をどうにかすれば、もっと大口径なスピーカが普通につきそうな気がします。

たまに市販されている、車種別のカスタムフィットスピーカとかは、こういう部分の交換も含めた製品なんだろうと思われます。

Img_1356

新品スピーカを装着です!

んん~、とにかく「新しいくてキレイ」って感じ。。

ちなみに、反対側(運転席側)の画
Img_1357 Img_1361

最初の、助手席側ほどじゃないけど、割れてたり欠けてたりしてますね。

こっちも同様に交換して、気分スッキリです。

あー、スピーカ交換がこんなに効果的で意味の有るチューニング項目であるとは思いませんでした。

音質ですが、んん、まぁ

「普通になった」 って感じですw

長い間、ご苦労様でした↓
Img_1373

リンク: ユニットスピーカー - TS-E1676/E1076.

|

« 赤い色の機体 | トップページ | 投稿ガンプラをUPしました »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139596/51549400

この記事へのトラックバック一覧です: スピーカーを交換しよう!の巻:

« 赤い色の機体 | トップページ | 投稿ガンプラをUPしました »