デジタル機器

アンドロイド デビュー!

機種変しました。

■機種変前

Airedge_ah_s405c

AIR-EDGE AH S405C (PHSデータ通信カード)

   ↓

■機種変後

Acer_iconia_tab_a500_and_007z

モバイルWi-Fiルータ(007Z) + acer ICONIA TAB A500

っていうか、ソフトバンク ULTRA SPEED です。

いやー、最近は AirH” から ULTRA SPEED に 機種変 できる世の中になっているのですね・・・

知りませんでした。

この事実を知った翌日にはもう買っていました。

ちなみに今月末までキャンペーン中らしく、永久に月額1000円引きみたいです。

とりあえず買っただけ。

まだ設定とか何も。

どうでもいいけど、契約はウィルコムだけど、事実上「ソフトバンクの2回線持ち」になりました。。

そこだけなんか悔しいです(>_<)

はぢめてのアンドロイドは Android 3 となりました。

リンク: WILLCOM STORE|☆超高速モバイルWi-Fiルーター 007Z.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

業務連絡

久しぶりの更新かと思いきや、業務連絡です。

Intel D945GNT
Pentium D (3.40GHz)
メモリ4枚3GB(DDR2-533MHz)

過去のメモ:

マザー購入・組み立て(2005年12月)

ペンティアムD化(2006年10月)

お別れ(2008年11月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はぢめての外装交換

PSPの外装キット(スケルトン・クリア)です。

Img_1545

だいぶ前に買ったのですが、面倒くさくて放置状態。

完全にわすれてましたが、このままだとお蔵入り確実な雰囲気です。

あー、ガンプラとかMac Bookとかカー用品とかゲームとか各種いろいろな本とか、どうも買うだけ買ってほぼ活用せずにすぐに放置してしまうクセが自分にあるので、そういうのは良くないと今更ながら思いはじめている Tak.Arai です。

ってことで、とにかく1つずつ処理していくようにしようと、確実にシーケンシャルに処理していこうと今はそう思っているので、そう思っているうちにコレをやっつけようと重い腰を上げました。

ヤァーッ!!

Img_1543

いや~(>_<)

想像通りに面倒くさい!

まぁ、バラすのはいいけど、どうやって組まれていたのかが記憶にとどまらない感じで分解が進んでいく感じが完全にヤバイですな。

外装キット商品のおまけで「分解マニュアル」(A4用紙2枚)が付いて来たのですが、写真や説明がわかりづらくあまり役に立ちません。(無いよりはマシですが)

分解も手ごわかったですが、組み上げは苦労しました。(手順が行ったり来たり)

結局わかりやすい写真つき解説をネットで検索したりしてなんとかなった感じです。

それでも結果的に組みあがった状態で何故かネジが1本余りました。

いやー、しかし疲れました。

ってことで、完成図です!!

Img_1549

最近もっともプレイしている(といってもちょっとしかやってないけど)PSPゲームは何故か「みんなのGOLFポータブル」。

みんなのGOLFを一人でプレイしています。

しかも、「2」が出てるのに何故か「1」をやっています。

Img_1550

背面です。

UMDのディスクが回転しているのが見えて面白いです。

あと、とりあえずバッテリーが黒いのが残念な感じです。

こうなると、バッテリーにステッカーとか貼るのが有効な気がしてきました。

この外装キットについての感想ですが、あくまでも非標準の海外モノ(たぶん)であるためか品質はイマイチです。ハメ合わせが所々「かろうじて」って感じ? ギリギリなんとかなっている感触で、バッテリーカバーなんかかなり怪しいです。ショックを与えるとパコッて外れそうな気がします。あと、ボタン(十字とアクション)の感触も微妙になったかも。

ちなみにですが、この元のPSPはかつてLEDカスタムにした PSP-2000 です。

なので、こんな感じ。

Img_1552

ここだけ光るのは今でも健在です。

あと、思ったのですが標準のLEDあるじゃないですか?

電源(緑/橙)、無線LAN(緑)、メモリアクセス(橙)の3箇所?

外装クリアにするとこれら標準LEDも全体が見えてよりキレイに輝く感じになってちょっと良い感じです。

なので、それを踏まえてそれら標準LEDも違う色にしてしまいたい気分になってきました。

ただ、ショップのカスタム作業に出すのは過去にイタイ目にあっているので避けたいです。

やっぱ自分で作業するに限りますから、そういうキット商品を探したいと思っています。

Img_1555

↑元のドンガラ

ありがとう、そしてさようならラベンダーパープル(だっけ?)

ちなみにこのPSP-2000はカスタムファームにしていたのですが、まったく使っていなかったので今回を機に標準に戻しました。

最新の Ver6.39 になっています。

【番外編】
Img_1556
アイフォン戦隊(バックパネル、今は中央)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤い色の機体

あー、どうも。

ポッチャン大惨事により iPhone4 のソフトバンク純正ケースは捨てたのですが、そのケースのローンだけ残った形になりました Tak.Arai です。

えー、ちまたでは、そろそろ白いヤツが出るというウワサですが、自分は復興の一環として、こんなカンジにしてみました。

Img_1323

赤い林檎です。

当初ケースの必要性がなんとなく疑問だという話を書きましたが、これはケースではなくアルミ製のバックパネルに換装です。

ほんとは「シャア専用」みたいにするつもりでイメージしていたのですが、現物がちょっと違う感じになりましたね・・・

どっちかっていうとジョニー・ライデンのようになりました。

ちょっと、このカラーチョイスは失敗した感ありです。

▼いちおうビフォー、アフター

Img_1300 Img_1311
▼内部
Img_1303
バッテリーが大部分を占めていました。

 

リンク: iPhone 4のホワイトモデル登場は4月26日? - 3度目の正直を各メディア報じる (マイコミジャーナル) - Yahoo!ニュース.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Macは使っているのか

あー、どうも。

MacとiPhoneをつないだときにiTunesにより勝手に同期処理をやられるのがイヤな感じなので、いろいろい設定をいじったりして抜いたりさしたりした結果、気がついたら連絡先(アドレス帳)がきれいさっぱりにクリアされていて残念な気分になったりしています Tak.Arai です。

いやー、世の中いろいろ難いですね。

えー、タイトルにも記しましたがまれに「Macは使っているのか」という問いを受けることがありますので、今回はその問いに答えたいと思います。

んんー、とりあえずブログ書くときはMacで書いています。
もちろんこの記事もしかりです。

ただ、だいたい予想がつくと思いますが、基本的には悪戦苦闘です。

先日のDSRCの記事のときも、スキャナを使う必要が出て困りました。

まぁ、スキャナのUSBをMacにつないでなんとかすれば使えるんだろうとは思いますが、現組立ミドルタワーの裏に刺さっているUSBを引っこ抜いて、MacBookにさすという行為も面倒だったので、結果的にはスキャナと画像のアップまではWindows XPでやって、その後でMacで文章を追加で書くという、余計面倒じゃねーかって感じの運用になっています。。

あと、iOS向けアプリ開発とかの件ですが、言うほどやっていないですが、現状の感想は「思ったより難しい。わかりにくい。」です。

開発環境と開発言語との格闘で、そっから先の「10,800円払う」というステップまで行ってないです。

▼参考資料(開発勉強中の光景)
Ios_simurator_textinput

開発ツールはコーディング部分と画面レイアウトとで別ツールになっていて、さらに画面パーツとソースコードとのひも付けを手動で設定しないといけない部分があり、なんかそれなりに理解しないとダメかも。

あと、予想外にやっかいだと思ったのが Objective-C ですね。基本的にはC言語なんだろうって高を括っているとやけどする感じあり。

まぁ、とりあえずそんな感じで、まだMacは塩漬け状態にはなっていないです。週一くらいでは電源ONしています。

ただ、残念なことがあります。
それはMacBookのバッテリ充電残量です。
購入当初は常に「100%」の表示だったのですが、ってかまだ購入間もないのに、いまは最大値が「95%」でそれより上の数値にならないです・・・

Proじゃないからでしょうか。。

リンク: アップル.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DSRCセットアップ出来た(^^)/

あー、どうも。
第6グループ Tak.Arai です。

昨年末に「DSRC車載器のセットアップが出来ない」という話を書いた気がしますが、その続報です。

といっても、このネタ自体は震災前の話で、書き忘れていたので今書いています・・・

えー、あの後で、ISPA(イスパ)にメールで問い合わせをしました。
「DSRCセットアップ店舗として登録されているはずの店複数に行ったが、いずれもまだ出来ないと言われて断られた。本当にセットアップが出来る店舗を教えてほしい」という旨で。

数日で回答メールが来ましたが、その内容はガッカリするものでした。

「ここはどうでしょうか」という形で1店舗紹介するものでしたが、その店舗は自分が最初に行って断られた近所の自動後退・・・

いや〜、どいつもこいつも使えないわー、と思いながら「そこは以前に断られた。別途正確な情報を提供してほしい」という旨で返しましたが、そっから先は無返答。

ここまでのやり取りが年末年始くらいです。

で、面倒くさくなってしばらくこの問題を放置していたのですが、いつまでも放置しておいてもしょうがないというか、そもそもこのままだと「ETCすら使えない」というありえない状況が続くことになるので、2月下旬くらいに再びセットアップ推進活動(?)を再開しました。

とりあえずちょっと期間が空いたということで、当初の疑惑の自動後退に今度は電話で聞いてみることにしました。

ちなみに電話での聞き方にはポイントがあります。
いきなり「DSRC」という言葉を出しても通じなくて無駄な時間が発生しますから、まず「ETCの担当者をお願いします」といって言葉が通じると思われる担当者を呼び出します。

で、改めて聞きましたが、「今はまだ出来ないんですよ〜」と二ヶ月半前とまったく同じことを言ってました。

駄目だこりゃ。

とりあえずISPAサイトの店舗検索でちょっと地域範囲を広げて調べ直すことにしました。

そこで出てきたちょっと遠い、といっても車なら充分に近いと思われる黄色帽を発見。

でも、またわざわざ出向いていっても断られるというイメージしか自分は持てなかったので、とりあえず電話で確認。もちろんETC担当者を呼び出して。

で、そこでの反応は予想外のものでした。

出来るに決まってんだろ!バリの感じ。

まぁ、そりゃそうか。
ISPAの店舗検索で出てきちゃってんのに、出来ないという方が非常識。

っつーことで、その使える黄色帽に行くことにしました。

ちなみに、DSRC車載器のセットアップに要する時間は30分程度。
オンラインでの処理があって、時間帯の制限がある(夜7時まで?)と言っていたが、その割には土日はOKとのことでした。

↓これが申込書。

Dsrc_setup_entry_sheet

↓これがセットアップ証明書

Dsrc_setup_certify_sheet

とりあえず、現時点ではセットアップ完了済。
でも動作は未確認です。

ETCゲート通過も未確認ですが、なんか事件が起こったらまた報告します。

リンク: 一般社団法人 ITSサービス推進機構(ISPA).

| | コメント (2) | トラックバック (0)

結局iOS向け開発は無料でどこまでできるのか

あー、どうも。
さっそくiPhoneとMacを接続してiOS 4.3へのアップデートをしようとしたら、iTunesによる謎の同期処理が行われてしまい、SafariのブックマークがMacのとiPhoneのとが混ざってグチャっとなってしまったりして残念な気分になったりしています Tak.Arai です。

あー、便利と面倒は紙一重ですね(笑)

さて、わざわざアップル製品を揃えた目的であるiOS向け開発についてですが、件名にも記した通り、「どこまで無料なのか?」という謎についてです。

なんとなくですが、iPhoneアプリを開発して一般配布するのは「有料」というのは、なんとなく知っていたのですが、その有償無償の具体的な境界線がどうもぼんやりしています。

文献とか見ても、まぁ情報が古いとかそういうのもあって、どうもハッキリしないと感じる点は多いです。

Web_ios_devprog_top

上図は iOS Developer Program のサイトです。
ここでもう、年額「10800円」支払ってちょーだい的な雰囲気になっています。。

で、いろいろ見たらこんな表がありました。

Web_ios_devprog_benefits

これが正確な情報だとしたら、「無料でどこまでできるのか?」の回答としては、開発環境の利用とシミュレータの実行まで、ということになりそうです。

無料の「アップルディベロッパ」の登録によりそこまでで、「iOSディベロッパプログラム」(¥10,800/年)の登録をしないと実機(iPad/iPhone/iPod touch)での試し実行すらできない、という感じかと思われます。

気になるのは、年額10800円の「さらにその先」は無いのかどうか?
アプリだけでなくてシステムとして何かを作るとしたら、当然サーバサイドの仕組みもなんとかする必要があり、そっちはもっといろいろお金を搾り取られそうな予感がしますが・・・

まぁ、今日の時点では、とりあえず無料でできそうなところまで試してみました。

「アップルディベロッパ」に登録した上で、開発環境をダウンロードしてインストールしました。
「Xcode 3.2.6 and iOS SDK 4.3」ってやつ。
(http://developer.apple.com/devcenter/ios/index.action)

ちなみに、ダウンロードサイズが 4.14GB で、
インストールサイズが 10.92GB でした。

Xcode_icon_dock

↑Xcodeのアイコン。

とりあえずインストール直後はわかりやすい場所にアイコンが出てくる感じでも無いのでちょっとパニックになりました。

Finder -> Macintosh HD -> Developer -> Applications
に Xcode のアイコンが出来てたので、なんとなく Dock に組み込みました。

Xcode起動するとこんな感じ。(Welcome画面)

Xcode_welcome

新規作成プロジェクトテンプレート

Xcode_newproj_template

iOS向けとしては、
アプリのほかにライブラリもあるみたいですね。

適当に空のプロジェクトを作成して、わけもわからずビルドと実行を行うと、そのままシームレスにiOSシミュレータが起動されて開発プログラムが動作する感じです。

ちなみにiOSシミュレータはデフォルトがiPadになっているみたいで、手動でiPhoneに切り替えることもできます。

下図は iPhone の例。

Xcode_iossimulater

とりあえず試したのはここまで。
こっから先に進むかどうかは、気力と財布しだいですか。。

リンク: iOS Developer Program - Apple Developer.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

はぢめてのあぽー

あー、どうも。
ポテトチップが食べたくても売っていないとか、そんな時代が来るとは予想もしていませんでした Tak.Arai です。
「4時間並んで10リッター」とか、そんな声も聞こえてきます。

さて、そんな生活必需品不足のさなか、こんな無駄遣いを始めてみました。

Img_1282

アイフォですアイフォ
iPhone4

古いソフトバンクケータイ(まったく使っていない)から機種変?してみました。

さらにこんなモノまで買ってみました。

Img_1290

MacBook MC516J/A


Img_1294 Img_1293

いやー、
一ヶ月くらい前までは、まさか自分がアップル製品を買うとはまったく想像もしていませんでした。
iPodも持ってないし、欲しいとも思ったこともない。
「iTunes」って言葉は聞いたことあるけど、何のことだかわからないし、知りたいとも思わない。
まぁ、そんな感じでした。

ただ、いろいろとやっぱり刺激があり、
ここまでアップル製品が流行していると無視できない。
こうなると、iOS向けの開発環境を知っておく必要があるし、そうなるとそもそもマックを普通に使いこなせるのが必修科目であるような気もするので、おくればせながらこのような環境整備へと至りました。

現時点で、iPhone・Macともにほぼ使い方がわかっていない状況ですが、このブログ記事は四苦八苦しながらマックで書いています。。

とりあえずデフォルトのブラウザ環境だと、いつも使っていたリッチテキストが使えないみたいで、かといってどうしたらいいのかわかんないので、とりあえずプレーンテキストでなんとなく書いています。

あと、写真とかどうやって持ってくればいいのか悩みましたが、結局カメラのSDカードをレッツノートに挿入し(笑)、そっからUSBメモリに転送して、USBメモリをマックに装着です。
いちおう写真にアクセスできました。

今回のマックの機種選定ですが、何も知らないのでテキトーです。
単に一番安いノートを選んだってだけです。
なんとなくAirと悩みましたが、あっちは言葉の通り無線LANのみで持ち運びに特化している感じだったので、普通のMacBookにしておきました。

いまんところ何も使いこなせてないのでレビューのしようもないですが、気になるのはキーボードですかね。
気のせいかも知れませんが、心なしか指先が痛い感じです。
キーパンチしたときの音が響く感じもあり、なんかちょっと耳にくる感じもしなくもない・・・

iPhoneを先に買ったんですが、こっちはショップでも言われたんですが思ったよりも使い方が難しいですね。
表面上は柔らかい感じで万人に使いやすいかのような見た目ですが、結局何をどうすればどうなるのかが教えてもらわないとわからない感じ?
特にメールわまりが使いやすいのか使いにくいのか微妙。。。
なんで難しいと感じるのか、自分なりに思ったのは特に設定まわりで「日本語表現」が不適切というか、登場してくる用語がなんのことを言っているのかわからない局面が多いからかなって気がします。
まぁ、要は慣れだとは思いますが・・・

ちなみに、iPhoneをショップで買うとき、ケース(保護フィルム付き)の購入を強くおすすめされました。
「表面に二本傷が入ると保証が効かなくなるので!」って。
はぁ。
かなりどうでもいいんだけどなぁって思いましたが、やけに執拗におしてくるので、折れました。
ただ、なぜか3800円くらいなのに分割にされました。
(月々170円)

あー、あと、
「iPhoneの白はまだ無いんですよ〜」って言ってました。
聞いてませんが・・・

リンク: アップル - ノートパソコン - MacBook - 88,800円のノートブック。.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

RDT232WM-Z

たかがメインモニターを買い替えただけの話です。

Img_1250

23インチワイドモニター

なんで買ったのかというと、自分の視力低下の問題です。。

テレビでグランツーリスモをやるのがツライ。

基本的に字がよく見えない。

中古車買うとき、わざわざテレビ前まで自分が移動する・・・

なんかそんな状況なのです。。

メガネは作ったのがだいぶ前なので掛けてもイマイチだし、そもそも掛けなれてないのでなんかヤダ。

まぁ、代替案としてPCで映像入力させてゲームするとうのもアリなのですが・・・

▼こんな感じ
Img_1247

以前はよく、こんな感じでガンダム戦記をやってました。

PCで動画キャプチャーしつつ、さらにネットで情報閲覧しつつモビルスーツで戦うみたいなスタイル。

ただ、やっぱりいくつか問題があるのです。

まぁ、分かりきっている話ですが、基本的に映像が余り綺麗でないのと、若干のディレイもあるので、そもそも常識的には “やってはいけない” と言えるスタイルです。

あと、実はもっと深刻な問題があり、これは自分の環境とか使っているソフトの問題かも知れないのですが、“暗い映像に弱い” のです。

明るい場面だったらなんの問題も無いのですが、夜間の場面など、ちょっと暗い感じになると、キャプチャー画面上がよりいっそう暗くなる傾向があります。

いまどきのゲームは、夜のシチュエーションなんて普通にありますからね。

PSPメタルギアの夜間ミッションとかは泣きそうでした(笑

で、今回のGT5ですが普通に夜間走行があります。

特にスペシャルイベントの「グランドツアー」だったかな?

ラリー用の一般道みたいなところで深夜走行みたいなのがあって、これはもう「ブラインドアタック」そのものでした。

ヘッドライトが点灯しているはずなのに、先が真っ暗、コースが見えず、ランボルギーニでボッコボコ大惨事でした。

いや、こりゃダメだとそのとき思った。

ってことで、満を持してというか、PC用モニターを今風なヤツに買い替えました。

自分のキャプチャー環境の都合上、D端子入力ができるヤツ。

▼ビフォー
Img_1246

▼アフター
Img_1253

Img_1254

あー、写真だと分かりづらいですが、1280×1024 → 1920×1024 という変化はなんか予想以上ですね。

予想以上に 「広ッ!?」 って感じ。

いや広すぎでウィンドウをどこにもってこようか迷う。

なんかそんな感じ。

Img_1258

はい、キャプチャではなくPS3のD端子から直接表示。

当たり前ですが、今までよりはだいぶ綺麗。

しかしながら、この手のモニターはフルHDの表示が大前提になっていることもあり、D4(720p)の表示はやっぱりイマイチな感じになります。

所々ギザギザ的な?

まぁ、それはしょうがないかと思います。

HDMIとかD5とかだと、キャプチャー環境側が対応できないので、しばらくはこの状況でプレイしてみます。

ちなみに写真の右側モニターは実際のキャプチャソフトの映像。

Img_1264

リンク: 三菱電機 三菱ディスプレイ:ワイド液晶ディスプレイ RDT232WM-Z(BK).

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノートパソコン遍歴?【業務連絡】

現在使用していない自分のノートPC情報。(2台)

--------------------

Panasonic Let's note CF-R3FW1AXR
Let'snote R3シリーズ(10.4型XGA液晶)
Windows XP Professional
Pentium M 753(1.2GHz・ULV)
メモリー:768MB[Max] (標準256MB)
HDD:100GB (標準40GB)
無線LAN 802.11a(J52)/b/g
USB×2

※2005年式だが自分はコレを中古で購入

※モニター接触不良ぎみ(購入時からだがひどくなっている気がする)

※ドライブなし

※使用感かなりアリ

※ファンレスのためか発熱傾向が強い

※動作音が静か

※軽い(1kg未満)、持ち運びに最適

※HDDが標準でないのは、ダイレクト販売のカスタムモデルなのではないかと思われる

※箱なし、説明書あり

--------------------

SHARP Mebius PC-MC1-3CC
(12.1型XGA液晶)
Windows XP Home
Athlon XP-M 1800+ (1.533GHz)
メモリー:768MB[Max] (標準256MB)
HDD:40GB
CD-R/RW&DVD-ROMドライブ内蔵
無線LAN内蔵なし
USB×4

※新品購入だが格安PCの部類

※なんとなく使いづらく、そのためあまり使ってない

※古い割には美品。故障箇所なし(だと思う)

※重い(2.5kg)、また無駄にでかい感じがする

※動作音(ファン)がうるさい。気になる

※純正無線LANカード付けます(?)

※PSXで作成したDVDビデオが再生できない特性あり

※箱・説明書あり

--------------------

バッテリーは2台とも生きてると思いますが、いかんせん長期間使用していない代物です。

いずれもOFFICEなどのまともな付属ソフトはいっさい無しです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧